私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

あんなコトや、そんな古都 その7 


19884398411_1c70384148_b (1)



京都は竜安寺



19829726684_abd892196a_c.jpg



この廊下の人がいないとこを撮ろうとしていたところに、外国人のおじさまが入ってきたんですが



察してくれ、ニコっと笑顔で、口の動きで「オゥ、ソーリー♪」と



海外の方はこういう、コミュニケーションが凄く上手だと思う。それは多民族同士が、トラブルなく生活するために磨かれたスキルなんだと



単一民族、言わなくてもわかるだろの世界は下手でも仕方ない。上手くなる必要がないから




21180590015_61d29e4dc8_b.jpg



この庭園がこの旅のしめくくり



海外の方も、特別な心境になるようだ。大きい声で「ウチの庭と変わんね~な~」というオッちゃんがいたけど・・・



高齢のおば様が、流暢な英語で案内されて、とてもクールでグッときました




19803668779_8bdc307b5a_c.jpg



丁度、祇園祭りの季節で、それを眺めながらの帰途



この旅で感じたのは、日本の古都に海外の方達がいる光景のエキゾチックさ



ザ・日本なのにそれが不思議な印象を醸し出し、また魅力的に私は映りました



こんなに日本を気に入ってくれて嬉しい。だが、また未曾有の災害が襲ったら、果たしてまた観光に来てくれるようになるだろうか?



このまま、経済も尻すぼみで観光分野もダメになれば、もう日本は世界から取り残されるだけでしょう



だから、一日本人として想う。もっとこちらから世界に目を向け、コミュニケーションスキルや文化を学び、我々の目線や意識を、世界基準にしていかないと、ダメになったら生き残れない、と




22562275339_6894cc72db_z.jpg



日本大好き、フリッカー仲間のアンドリューさんが私の清水寺の写真を見て一言




「ナイスだ。でも飛び降りちゃダメだぞ


















trackback: -- | コメント: -- | edit