私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

秋が来る、んじゃない 






ラジオで「秋が来るんじゃなくて、夏が終わるっていうんですよね」というのを聞いてなるほどな、と



暑さの位置エネルギーは頂点を過ぎ、加速をつけて降下中。もう完全に季節は秋にシフト



おとといの台風は、こちらでは雨が多かった程度ですが、まさかあんなことになるとは・・・



河川の増水は恐ろしいです。丁度、グンマーは万場というダムサイドを走っていたんですが、川がものすごい勢いで流れ、橋は大丈夫なのかと。落石もあって、トラックでも当たれば無事では済まないでしょう








DSC05310.jpg



防災の日に改めて、天変地異の恐ろしさに想いを馳せる



地球環境はもう引き返せないトコロまで、悪化しているのかもしれない。そうだとしたら、この夕焼けもよけいに切なくて、綺麗だ



ラジオで久米ヒロシが言っていたハナシが忘れられない



「311の津波で、生き残ったタクシーの運転手さんのハナシで



「クルマの列に津波が襲ってきて、流されてるんだけど、みんなブレーキを踏むんですよ。そのテールランプが波にのまれながら、キラキラしてるのが、とても悲しくて、綺麗だった



という話しが忘れられません」










trackback: -- | コメント: -- | edit

アクアプランツ13号 







ニッチなホビー雑誌『アクアプランツ』の今年のやつを、遅ればせながらゲット




私の『悪友(アクアリウム友達)も、取材されていて、これからこの方もプロフェッショナルとして、活動されていくのかと感無量




水草なんて、どの程度の認知度なんでしょうか・・・水槽でサカナと一緒に水草を育てるというセカイはだいぶ、メディアでもとりあげられるようになりましたが、まだまだ日本では




しかし、ネイチャーアクアリウムの魂は、フツウの方にも刺さるという手ごたえを、未熟者は事務所で実際にやった反応で感じました。照明に照らされる水草の箱庭。透き通った水にサカナが泳ぐセカイに癒される




今号は、有名なネイチャーアクアリウムのショップの方達やハイアマの方が、創始者、天野タカシさんの水景をリスペクトして創る作品を網羅していて、非常に参考に




私が取材をしにいったショップのなか、おすすめするお店は東京、足立区の『アクアテイクE




コンテスト上位常連のお店です。その若い店員さんが今、非常にはりきっていて、レイアウトを沢山つくっているとか。作成中の水景は初心者の方にも非常に参考になるのでは




この趣味のお店って売るだけで手いっぱいなので、水草レイアウトをつくるのは大変だと未熟者は思います。やはり自分の時間を使ってやるしかないんでしょう。やってても売り上げにはつながらないかもですが、それでもやる方達に、リスペクト




それこそが、世界コンテスト上位に入るための一番の才能、『好キル』、なんだろうなと




trackback: -- | コメント: -- | edit

恐ろしいモノは 


DSC06826-2.jpg






台風通過の先ほどの空



仕事中も道路が冠水してる箇所がけっこうあって、怖い思いも



これから通過する地域の方もくれぐれもお気をつけください



でも、ちょっとこういう空を見れるのを期待したり・・・・



セカイは恐ろしいモノほど、美しいのかもしれない















trackback: -- | コメント: -- | edit

大谷寺の思い出 







栃木県は大谷



大谷石の採掘される場所にある、お寺さん



有名な先生たちによる華道の作品が



朝、境内はこれから団体でくる参拝客を迎えるためにバタバタしてて、かなりヒトを呼べるスポットなんだなと



自分的には、パワスポより地形にグッときたので寄りました^^;











DSC03857.jpg





そう、こんな異様なお寺もあるんだなと




コレは写真の題材にもってこい、と一人で夢中でパシャリしてるところで




女性の一人旅と思われる方が、私にスマホで「撮っていただけますか」と




女性が一人で旅するスタイルも中々素敵




北海道でも若い女性の一人旅を結構見かけて、自由な自分と向き合う時間を大切にする方達も増えているんじゃないかと未熟ものは想いました




何枚か撮って、どおせならと、地面スレスレからのあおりで、このお寺の圧迫感を出し、スマホを斜めにして不安定感、迫力を狙いました




また、まんまとヒトの写真にこだわりを入れ込みましたが(爆笑




旅の思い出のお気に入りショットになればいいなぁ




trackback: -- | コメント: -- | edit

天野 尚さん 一周忌 






写真は昨年亡くなられた、写真家でアクアデザインアマノ代表の天野タカシさんと銀座での一コマ



この直後、この方にいきなり首を絞められるというファンにとっては嬉しいサプライズが^^;



恐い印象ですが、茶目っ気もあり、引き出しの本当に多い方でした。いいヒトほど早く逝くという・・・しばらく『アマロス』に陥った方も多いでしょう



天野さんはブログをよくチェックされていたというのは一部では知られたハナシ。ソレを聴いて私はブログ村のランキングにしばらく参加させて頂きました



すべては天野さんに自分のブログを見てもらうため。水草カテゴリーの方たちに嫌がられるのはわかっていたが、なるべく見つけてもらいやすい順位に入ろうと、毎日更新していた時期も




あなたの創ったネイチャーアクアリウムに魅せられ、部屋が大変なことになっていく様を伝えたかった。読んでもらえてたかはわからないけど、冗談やダジャレで「ふっ」と、鼻で笑って頂けたなら本当に光栄です




天野さん、ありがとう





trackback: -- | コメント: -- | edit