私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

アクアプランツ13号 







ニッチなホビー雑誌『アクアプランツ』の今年のやつを、遅ればせながらゲット




私の『悪友(アクアリウム友達)も、取材されていて、これからこの方もプロフェッショナルとして、活動されていくのかと感無量




水草なんて、どの程度の認知度なんでしょうか・・・水槽でサカナと一緒に水草を育てるというセカイはだいぶ、メディアでもとりあげられるようになりましたが、まだまだ日本では




しかし、ネイチャーアクアリウムの魂は、フツウの方にも刺さるという手ごたえを、未熟者は事務所で実際にやった反応で感じました。照明に照らされる水草の箱庭。透き通った水にサカナが泳ぐセカイに癒される




今号は、有名なネイチャーアクアリウムのショップの方達やハイアマの方が、創始者、天野タカシさんの水景をリスペクトして創る作品を網羅していて、非常に参考に




私が取材をしにいったショップのなか、おすすめするお店は東京、足立区の『アクアテイクE




コンテスト上位常連のお店です。その若い店員さんが今、非常にはりきっていて、レイアウトを沢山つくっているとか。作成中の水景は初心者の方にも非常に参考になるのでは




この趣味のお店って売るだけで手いっぱいなので、水草レイアウトをつくるのは大変だと未熟者は思います。やはり自分の時間を使ってやるしかないんでしょう。やってても売り上げにはつながらないかもですが、それでもやる方達に、リスペクト




それこそが、世界コンテスト上位に入るための一番の才能、『好キル』、なんだろうなと




スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。