私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

侘び草のムシできないハナシ 







ウォーターフォール60に、侘び草を




全部、密造ですが(爆笑




今回はアクアデザインアマノの専売特許、侘び草の自分なりの製造方と、なぜ枯れてしまうのかについての考察






DSC03707_2016033100435501e.jpg





「水草の有茎草は茎で増える・・・後は自分で考えてくれ」と、生前、天野タカシ社長はその製造方について、インタビューに答えられてました




その一言で、ぴき~んとひらめいた未熟者。そう、ベースになるものに巻けばいいのだと




ただ、水中葉を巻いて、水上に上げると、乾燥してうまくいかない。一旦、背の低い器で、水上葉に戻してそれを巻けば、そこから脇芽を出します



あとはその伸びた脇芽をどんどんベースに巻き付ける。水中葉を水中で育成するなら簡単。そのまま差し戻しする感覚で、巻いたベースを水中に置けばOK




しかし、侘び草は水中だと枯れないのに水上だとなぜかうまくいかない事が・・・



私の観察でわかった衝撃の事実・・・それはアブラムシ



部屋の中でもどこからかやってきて、瞬く間に増えて枯らしてしまうという・・・あまり動かないのでわかりづらいですが・・・




部屋の中で虫が湧くというのは「ギャー」なハナシですが><それほど水草というのは虫達にとって美味しいんでしょう。本当に農家の方達の苦労がわかるというものです




対策は・・・あまり決定打がウチでもなかった・・・水をかけるくらいでは水面に浮かんでジャンプして水槽のへりに飛び移るので、霧吹きくらいではダメ



しかもなぜか水が嫌いなくせに水の近く、水槽の水面の際にいて、水草が好きというか涼しくて湿度がある場所が好きなよう




もうここは農薬を使うしかないのではと(アクアデザインアマノではモスピラン1000倍薄め液を推奨





侘び草での水上レイアウトだと、農薬に弱いエビが入れられないですが、ブッシープレコなどのサカナ系コケとりにまかせればイケるような気がします




侘び草が枯れる、うまく育たないという方が多いですが、未熟者はほとんどの原因がムシであるという結論







DSC01542.jpg






ムシという繋がりで




昔、北海道をバイクでまわっていた時のハナシ




暗くなりとても寒く、たまらずコンビニに入ると、レジのお姉さんが私を凝視し、自分の首を指さして




「あの・・・ここにカブトムシついてるの知ってます・・・?と、(また爆笑




さすが北海道。バイクで走ってるだけでカブトムシが捕れるとは




しかも、フリースを着てたので脚が、からまって(またまた爆笑






17203946471_9a43b2606c_b.jpg




Do!でもいい、私とムシの想い出もそえて、侘び草育生の最終報告とさせて頂きます^^;











スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit