私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

突撃!隣のネイチャーアクア 冬の終わりに 







ヒトんちの水景がきになって仕方ない、ユネスケこと未熟者が、デカイしゃもじを持ってアポなし取材するおなじみのこのコーナー




何度もこのブログで登場している、『理容室 K暮』にまたお邪魔しました!




コチラはカウンターに鎮座する60センチフラット水槽。存在感のある親石でシンプルにまとめられています




左側は私が以前持ってきた、バッタモンワビクサ。でも繁茂したらホンモノと相違なし。下草のヘアーグラスも調子よさげ。盛んに光合成の酸素を吐き出していました^^






DSC04757.jpg






コチラは散髪してもらいながら、眺められるスペースに置かれている30センチキューブ水槽




流木を接着剤など使わず、組んだだけのシンプルな構成。二酸化炭素もくれていません




それがこの方の腕。サクっとシンプルに見ごたえのある水景を創れるセンスこそ学ぶべきポイント





DSC04758.jpg





その隣に置かれた新規45センチ水槽




コチラも二酸化炭素なし。濾過は水中モーターのみ。それでも、こんなに見ごたえのある水景を創れるセンス




世界水草レイアウトコンテストの上位常連ですが、シンプルなレイアウト、管理の手間を考えたこういうスタイルこそこの方から学ぶべきだと、未熟者の感想





水位が浅いのは重量を考えてのことだそうですが、この水上スペースをいかして、オモシロイレイアウトを考え中とのこと。楽しみです!





DSC04759.jpg



う~ん、相変わらず素晴らしい!この方はコチラの音楽スタジオにも仕事としてレイアウトを出張管理されて、もう正真正銘のプロのレイアウター



こうやって自分の好きな事をまっすぐ続けた結果、お客さんの方からの依頼が舞い込んだそう。そう!そういうものですよ無欲に一途に。



このセカイを広めたいという一途な想いがお客さんとの縁を結んだ。リスペクト




今後も新たな展開がありそうとのこと。北関東から水草の素晴らしいセカイを広めてくれることを一、友人として期待しています!



スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit