私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

匿名リサーチ 通販さん その3 






さて、この今、観賞魚業界を席巻する通販店の実店舗



その水草レイアウトの実力を見ていきましょう




DSC03791.jpg




販売している各社の器具を使っての展示



フツウに「デキル」腕前という、未熟者の感想




DSC03795.jpg




このイワグミ・・・石組と書いてイワグミと言うのは、アクアデザインアマノ社長、故天野タカシさんの命名ですが、ちょっとね、ウン



フツウにキレイです




DSC03820.jpg



ハイタイプの水槽で



なるほど、こういうのもアリか




DSC03808.jpg




水槽にフタをせず、オープンスタイルで



このヤマサキカズラという半水上植物も、天野社長の自宅の4メートル水槽でも用いられてました



このショップは以前、街中に同じようなギャラリーを作って私も見に行きましたが



外観からしてADAのパクリ・・・ん!?おまんじゅう!!



・・・オマージュに満ちていた・・・あ、今のは「まんじゅう恐い」の落語の一節をやってみただけです(爆笑



流木にモスを巻きつけただけの同じような水景が並んで。あんまりレイアウト出来るスタッフがいないんだろうなと。いてもすぐ辞めちゃうみたいな



自然、水草レイアウトはアマノスタイルになる。あまりに基本を抑えているので、そこから離れようとすると変なレイアウトになってしまうという






DSC03827.jpg




このショップの社長さんも、アマノに対してのオマージュ、憧れが、かつてあった



だが、あまりにも規模が拡大したため、ADAが通販を禁止にした。ソレがたもとをわかつ結果に



アクアには癒しだけではなく、ドラマ、人間模様も



水草のレイアウト、ネイチャーアクアリウムというのは、個人のセンスや技量、そのショップの腕前が反映される



つまり、規模やオカネをかければ良くなるというモノでもない。本当に地道にやってる個人のお店の持ち味が活かされるセカイ



現代の効率重視、安い早い旨いの世の中で、そういうモノから一時でも背を向けたいという、スローライフのセカイがこの水草のセカイとも言えます





ですから、個人のショップでもサバイブ出来ると思うんですよ。このセカイなら。ウン





スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。