私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

写真の語ルシス 






いつものようにflickrで自分の気になるカメラの写真をチェックしていると



こ、コレは・・・ある外国人のページに目が釘付けになった



この方なんですが、この写真の撮られた国は・・・



この方のお名前をクリックすると、他のも色々見られますが、撮られたのが2014年ってのもごく最近の、最新の様子がうかがえます



悲惨な独裁国家というイメージが強い、でも街ではフツウに人々が日常を紡いでいる。笑顔の子供もいる。夜の街もライトアップされていたり、意外な面もあるんだなと



モチロンあのお国柄では、ごくごく限定的に撮影を許可しているんでしょう。ごく少数の外国人観光客向けの演出なのかも



それでも撮らせてくれるという事実は興味深い



報道ではわからない部分も、写真は切り取ってくれる。その場所の空気みたいなモノは、一般人の目線のほうが伝えやすいのかも



それには、写真が一番優れたツール。一枚の写真が膨大な情報量をもって語りかけてくる




さて、最近のこの写真サイトでのお気に入りの写真・・・私は基本的にジャンルにこだわらず観ていますが、犬猫好きなんでコチラの方の写真



ブログでも動物や、色々なジャンルの写真ブログを見るのが好きです



私は撮る対象もあまりこだわりません



どんな写真でも、伝えたいモノ、メッセージがあるか。それが私の考える、いい写真です




あとは、鳥肌がたつほどにカッコイイ、コチラの方の写真




語りかける、見る方に想いを伝える写真が撮れるようになりたい




スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。