私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

ボタニックガーデン その2 







この日は日曜日。でも何だか、どよ~んとしていた・・・



あれ、今何か変な事言いました?^^;



植物に覇気がない・・・しかも曇天。お客もいない・・・



『曇天は親のかたきと思え』とは、撮り鉄で有名な写真家、中井セイヤ先生のお言葉






DSC02342_20150827161007931.jpg




条件的に思ったように写真がキレイに撮れないんだとか。何でかはよくわかりませんが、何となくわかります



でもプロの方は撮影を諦める訳にはいかない。そういう時は思い切って、なるべく空を写さないとか色々考えるよう



色々、悩ましいわぁ~という私のココロを代弁するかのような像をパシャリ・・・








DSC02336_20150827161005914.jpg





池の睡蓮もあんまり咲いてない



こんな時は小細工で色彩加工、そしてシャッタースピード最速で、噴水の水を止めてみたり



デジタル写真は撮って5割、現像して5割といいます。撮って完成じゃないんです



どんなにいいカメラでも、見た目通りには撮れない。色温度や色彩を調整して、見た目に近くする。センサーに写り込んだゴミを修正して消したり



出来ることも増えましたが、プロの方達はフィルム時代に比べて、作業も確実に増えているでしょうね








DSC02339.jpg





あとは、ナナメに写してお茶を濁す(笑



私の『必撮ワザ』です^^;いかにも素人クサイな~とおもっていたんですが



中井セイヤ先生の教本にも、『ナナメ構図』として紹介されていました



先生も写真は我流で覚えたと仰ってますが、自分で色々試すってのはホント大事かと




スマホでも、プロをうならせる写真が撮れる時代。『今時ネイション』のウチら世代は、デジタルデバイスの進化で出来る事は限りない



想像力の翼を広げましょう><








スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit