私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

アクアジャーナル233号 仕事の流儀 





今月号のアクアジャーナルは水景を引き立たせるサカナの大図鑑



次の水景はどんなサカナを泳がせようか。その妄想で我々は幸せになれるのです



さて、リスボン海洋水族館の進捗は、いよいよ工事の段階へ。アクアデザインアマノもかなり水族館側とやりあって、自分達の希望を反映させたよう。そこはお互いの主張のぶつかり合い。そして今回も天野さんはひかなかった



すみだ水族館の時もそうでした。そういうぶつかり合いも、いい仕事をするうえで必要不可欠なんだなと未熟者は思います



以前、コチラの方から、「こないだ仕事で行った会社は凄かった。全社員が大型やクレーンの免許をもってて、全ての工程が出来る」と



有名な水族館の水槽の製作を手がけるその会社はTVでも取り上げられ、そういう意欲的な社風の職人は、誇りがハンパないんだろうなと



未来永劫に残る仕事をするのが全ての職人の願い



ADAならきっと、世界にムーブメントを起こすような環境展示を見せてくれるはず



日本の職人魂が世界を良い方向へ導く。それが私の願いなんです





スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit