私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

事務所水槽の年明け 









本日も、無事に車庫に帰還。











事務所の水槽の今は・・・










ゴゴゴゴゴと、またもや空から何かが舞い降りてきそうな・・・嫌な予感しかしない・・・






















IMG_2718.jpg












・・・










見事に、アクアデザインアマノが誇る、ネイチャーアクアリウムグッズのキューブガーデンW30が、グッズグズなサカナ水槽に^^;









夏場に水上葉仕樣で立ち上げたこの水槽にも、色々な事件がありました。










この会社のOBのドライバーがメダカを15匹持ってきて、あっという間に崩壊><そらそうだ・・・










その後も近所のホームセンターの残念な熱帯魚コーナーで、生体を買ってきては死なせの繰り返し・・・










見事にこの趣味にハマった初心者が通る道をなぞってきた、このサバイバル水槽。現在はヒーターが入り、なんとか調子を保っています。









ネイチャーアクアというより、あちゃーアクアですが、それでも所長はこのセカイを楽しんでくれてる様子。バックスクリーンもクリスマスや、謹賀新年と変えて季節感を演出。凝り性なんですね・・・











「スケルトン(←グラスキャットですね)がさ~、全然出てこね~んだよ」












「お前が持ってきてくれたメダカ(←アカヒレなんですけど・・・)だけは超元気だよ」











なんでしょう。一概に水槽と言っても、こんなにヒトによって、この趣味に向き合う姿勢が違うのか、と未熟者は感慨に耽りました。










水槽=サカナを飼うが一般的ですが、私がこの趣味にハマったきっかけは、水草レイアウトで地球環境を水槽に再現する、アマノタカシ氏の創造したネイチャーアクアリウムというこのセカイ









サカナを水槽に閉じ込めるのではなく、水草に光と二酸化炭素をくれて働いてもらって、まるで空気のような美しい水をつくり、生体にもウレシイ環境を創る、言ってみれば部屋の中でやるガーデニング









なんだったらサカナはいれなくてもいい。生き物を飼うという責任も重いですし。それでも、見飽きない究極のインテリア。そこにグっときたんです。









所長は、このベアタンク状態の水槽にも満足しているので、私もまだ、手は出せないなと。









なんと言ってもこの所長、自分でなんでもやるのが好きなんですから。「もっとこうしたほうがいいですよ」と言うのもはばかられます。が...















IMG_2726.jpg
















擬岩と、竹のオモチャでサカナの隠れ家やレイアウトを意識したり、フィルムケースで砂が崩れないように塞き止めたり。私が言わないでも、見事に「ケーユーエフユー」でレイアウトしています。これもセンスかな~









こういうセンスは、水草レイアウトをやるうえで、結構大事なんです。所長、素質あるよ。水換えや水槽面のコケ取りもきちんとやってるし










いつか水草レイアウトの祭典、世界水草レイアウトコンテストに一緒に参加しましょう!














IMG_2441.jpg









この方、所長と言っても、机に座ってるだけじゃない!さすが昔、横浜事業所でブイブイ言わせてた元ドライバー。今までは、運転手やったことない所長ばかりだったけど、やっぱり会話してても違うんだよな~センスが










板金塗装もお手の物。そして、自らガンガン動く姿勢にリスペクト!










同じ道産子同士で、いつか共にグンマーから、この趣味で世界に挑戦できたら最高だなぁ^^









スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。