私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

世界水草レイアウトコンテストの授賞式に行ってきました! 











先日、東京国際フォーラムで行われたInter National Aquatic Plants Layout Contestの授賞式。Nature aquarium Partyに参加してきました^^






今や世界のお祭り。ustreemでも生中継され、skypeで全世界のクラブチームとやりとりしながらの進行。昭和世代には刺激が強いなぁ・・・カッコイイ演出とともに、受賞作品や、受賞者のコメントの動画が紹介されていきました。









ホント、全世界のあらゆる世代が、一同に取り組めて、こうやって喜びを分かち合える、このホビーのセカイ。たかが水槽、されど水槽。








日本じゃ、まだまだ趣味のセカイではマイナーかもですが、世界ではもう第一線の、大衆を引きつけてやまない、ネイチャーアクアアリウムというこのセカイ。










コレこそCool Japan!








今年のグランプリ受賞はベトナムの方でした^^















IMG_2194.jpg







この方は、この大会の主催者にして、このセカイの創造主。アクアデザインアマノ社長、天野タカシ氏。










外国の美女を、はべらかしても絵になるなぁ。海外の方達には神として崇められております。言うことキッツイですが、そこには愛があるんです。こういう方が、今の日本には必要なんだと、未熟者は思わずにはいられません。









パーティ第二部、飲めや食えやの催しの始まる音頭をとる時の、この方の演説がココロに響きました。









海外での、いかにサカナを飼うかという事への意識の高さや、水景を創ること、ソコに住むサカナ達の事を考え、部屋に自然を創るということに対する、姿勢への助言。









単なる一趣味じゃない。この趣味が、これからの地球環境を考える上で、ソレがいかに重要なことなのかというお言葉が、未来に対する我々の姿勢を考えさせられました。










そう、そのサカナ達こそが我々なのですから。













IMG_2204.jpg










優勝のベトナムの方と写真を撮ってもらいました^^









この方、以前Facebookでお友達になってましたが、優勝の知らせを聞き、感無量…知ってる方が優勝なんてテンション上がります!会場で感涙にむせぶカレを見て、自分もグっときました。おめでとう、ゴさん!








カレの友達で以前、優勝した方に、カレの作品が載ってる、日本の週刊誌を手渡すのが今回の、授賞式参加の第一目標でした。任務完了です^^喜んでくれたらいいなぁ







IMG_2225.jpg








会場でのお土産。カレから頂いたベトナム帽は私にとって、Grand Plizeです^^






アコガレの上位常連の方達とは、我がアジトのご主人のおかげでやっとご挨拶できました!ありがとうございます^^







このセカイでは知らない方のいない、東京の老舗のアクアショップの御主人ともご挨拶できました。曰く、「ブログ読んでますよ~アレ、オモシロイなぁ」







ココロの中で「じぇじぇ!!うぁ~~」と…おら、あんま、褒められ慣れでねぇがら…









全国のいつか行きたいと思っていた、ショップの方達や海外の方ともご挨拶でき、改めて、我がアジトのオヤジさんの存在の凄さにリスべクド。あまちゃんバリに、ナマっですまいますた><









そして、こんなトコロで出会えるとは思わなかった方…ブログの中のヒトと行き合うのもこのパーティの醍醐味。







オヤジさんとアジトで、あのヒトのブログ、オモシロイですよねと噂していたこの方…









コンテストに参加せずともこのパーティに来てくださいました。ソレこそこのセカイを楽しむという事へのアンサーかと。








そう、楽しんだ者勝ちのWininng Plize!貴方こそ勝者の、We are the Champion!











順位はDo!でもいいじゃないですか。順位が良くならないから、参加するのを止すなんてもったいないですよ!









私は今年、一番順位が良かったんですが、ソレはこのセカイを、ただ楽しんでやり続けてきた結果かと。









田村さん。貴方にはその年、最もこのコンテストを楽しんだ方に送る、毎年恒例の特別賞、『ユウキ・アワード』を進呈します。



















あ、ごめんなさい。今、つくりました(爆笑






スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。