私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

ウォールストリートジャーナル。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


















なんと、天野タカシ氏と、ネイチャーアクアリウムの事が、あのウォールストリートジャーナルに掲載されました!(期間限定の公開のようです








天野さんやネイチャーアクアリウムをご存知無い方も、是非一読してくだされば。興味のあまり無い方にも、ツボに入ることは私が担保します!








こんな、権威のあるメジャーで、国際的なメディアでも取り上げられるようになったかと、未熟者は感無量です^^







58裁というのは、フツウの方ならそろそろリタイアを考える時期なのでは。でも、この方、これからますますセカイに飛躍する行動力と情熱を持っている。アクアリウムという、ニッチなセカイから、世界へ!







今までが長かったんです。幾多のホビーの中でも、アクアリウムというのは、狭い業界という印象で、モノグサな私はそんなに惹かれる対象ではなかった。







それでも、私はこの方の生み出したセカイが、ツボに入りました。それはなぜか?







この方は「新しい価値」を生み出したんです。誰しも「コレはいいな」と思える普遍性のあるセカイを。








かつて、「携帯電話を再発明する。」と、故、スティーブジョブス氏は言いました。その方が生み出したアイフォーン。タッチパネルの音楽プレイヤーと、ケータイを組み合わせて、最終シン化形態を生み出した。その功績は、現在、世界中の方を幸せにしています。







天野さんも、はるか昔より存在する、熱帯魚と水草、いがいと昔からある水槽と、それに「美学」という、マジックを組み合わせて、誰しもいいと思う、価値を提示したのが凄いと思います。「黄金比」など、絵画のセカイの作法を取り入れて。






ネイチャーアクアリウムというのは、この方の造語ですが、「水草の水槽」というコトバより通りがいいですね。まさに自然。生きる水槽。閉じた生態系。







既存のモノを組み合わせて、それに「美学」、「デザイン」を与えたのが両者の功績です。美しいという要素に、ヒトはどうしようもなく惹かれ、それにお金をつぎ込んでしまう・・・







エコというと、「ガマン」、「節制」、「めんどくさい」という印象ですが、進んでやりたいと思わせられる要素は、やはり、「美しいモノが欲しい」という欲求がないと実現できないのでは。








水草と熱帯魚のアクアリウムというのも、これからのビジネスのセカイにも無視できない存在になるかもしれません。お金持ちにも、庶民にも。ニーズは無限にある・・・!







環境問題こそ、人類の最大のテーマ。それにくらべ、経済など、瑣末なテーマに過ぎないかと。









やはり人類は、自然に回帰するべきなんだ。天野さんは、ニッチなセカイから、これからの世界に、解答を提示してくれているんだと、未熟者は思いました。








にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村







やはり、私のファストインプレッションにくるいはなかった><ADAのカタログを貰った時の、あの衝撃が今に蘇ります。







できますれば、皆さんも、このセカイを応援してくださると幸いです・・・!








スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit