私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

ファイト。「植物」と「闘い」について。 

R0011702.jpg


先日、TBSラジオの「スタンバイ」で、東京大学名誉教授の月尾嘉男さんが、話された話題。


宮城県の大津波で、被害にあった水田を、どう復旧すべきかという話題です。


海水の塩害で、元のように米を栽培できるようになるまで、10年以上(!)かかるとのこと・・・フツウに水をまいての繰り返しだと、気が遠くなる作業です。その間の農家の方の生活は・・・!?


そこで、この方が提案する方法。「ファイトレメディエーション」ファイトってのはギリシャ語で、「植物」という意味らしいです。植物を育てて、土壌を改良しようという方法。

例の福島原発の放射能汚染を、「ひまわり」を使って、土壌の放射性物質を吸い上げるという方法を、東電が検討中のようです。かなり効果を見込めるんだとか。


ソレがこの水田の塩害にも応用できそうとのこと。海水でも育つマングローブや、最近イタリア料理でも、食材として使われる「アイスプラント」なんかを栽培すれば、ただ無駄に水をまくより、早期の復旧を見込めそうだとのこと。

こちらから聴けます10分ほどで、興味深いので聴かれてみては?


そして、この現状を打破し、今後のエネルギー問題を一挙に解決できそうな、究極の方法・・・


最近、石油を作る藻類というのが、研究されていて、かなり低コストで実現可能な方法が提案されています。


その培養池をこの被害にあった水田で、行えば?という提案が国会でもなされたようです。


こちらもTBSラジオで、水道橋博士が話されたんですがこのハナシは凄い!この方法で日本のエネルギー需要をまかなえるぶんの石油が作れるという夢のようなハナシ・・・

13分ほどで、「すげ~!」と思うことは私が担保しますんで、是非。



しかし、もし、もし石油がこの日本でまかなえるとしたら、産油国は一気に最貧国になってしまうのでわ!?こういう夢の技術は、実現すれば、瞬く間に世界に広まっていくことでしょうし。


そこで、いさかいが起きることは必至。大勢が安く、エネルギーを得られて安泰な生活を送れる世界が来たなら。既得権益を持っていた電力会社が、エネルギー輸出国が、容易に自分たちが儲かるシステムを作った権力者達が、本気で潰そうと、嫌がらせをしてくることは必至。


そこからは我々の闘い。権力者達のユーエスオー!を見破ること。もう、原子力は安全で、資源のない日本で低コストでエネルギーがまかなえますよ。しかもウランは再利用もできて最高ですよという、エーエフオー!みたいなユーエスオー!は白日のもとにさらされてる訳で・・・


大勢が得をするやり方は、一部の連中には脅威となる・・・でも我々には昔と違って、情報ツールが沢山あります。後は我々の本気のファイト!取捨選択にかかっていると、未熟者は思いました。



スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。