私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

無濾過はムリか。 








コチラはキッチンに設置しているDo!aqua20キューブ。







フィルターを付けず、侘び草一つにアカヒレ一匹というシンプルな構成。







照明は小さなUSB給電式のLEDライト。懐中電灯みたいに電池で点灯出来、磁石でこうやってシンクにくっつける事が出来ます!







ソレにDo!aquaのCO2キットで二酸化炭素だけ添加・・・






立ち上げからしばらくたってますが、今のとこコケもなく侘び草の育ちもいいです。水換えだけ週にいっぺん半分くらいで、液肥もくれてなく、底床も大磯砂なんですが逆にソレがいいのかも。貧栄養ってのが。






前回の水辺セットもそうですが、こうやって構成をそぎ落としていくと、サカナを飼うという事を考え直させてくれると未熟者は思います。






まず飼育法を調べると、ほとんど、フィルターは設置しなくてはならないと書かれています。






しかし、同じ水をただ、ぐるぐる循環させる事で水はキレイになるのか?せいぜい余計なモノを吸い込んで溜め込むだけ・・・






自然は「ゆく河のながれは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」ですから、いいんですが、ガラスの中の大自然を維持していくためには・・・






やはり、いくらいいフィルターを付けても、水換えで余計なモノを出してやらなければならない。







「濾過」というコトバはまるで、科学の粋を集めて開発された、水を浄化する器具を使ってやるもののように思わせる・・・もちろんフィルターも楽に維持するために必要ですが・・・






足し水で長期維持されてる方もおられるでしょう。バランスさえ成り立ってれば、イケルんでしょうけど、ただ自分だったら、水は新しい方がいい。コップにくんで、何ヶ月もたった水は飲みたくはありません・・・






自分がサカナだったらという観点が水槽にも活かせると思います。そしてソレは水質の数値がどうっていうハナシより、簡単です^^






何事も、削ぎ落としてシンプルにしていくと、何が大事かって事がわかるんじゃないかと・・・!



スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit