私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

2013世界水草レイアウトコンテスト慰労会! 







先日、『NAギャラリー Takasaki』こと、ウチに(爆笑




コチラの方が、お越しくださました^^2011世界水草レイコンで堂々の6位入賞!その作品は、週刊朝日にも掲載されました。





とりあえず、お互い、今年も撮影&出品お疲れ様でした~と乾杯。そして、来年に向けての抱負や、構想。水草成分ホウフな、アツイ議論を交わし、夜がふけていきました^^





カレの今年の作品も見せてもらい、やはりその完成度、写真の美しさに唸る未熟者・・・





カメラの撮影のハナシになった時、「実はこの写真・・・なんですよ」と、その仕掛けに、遊び心にクリビツテンギョ~!ナイショのハナシなんで、書けませんが、そんな余裕がセレコン上位の作品に込められてるとは・・・





結論は、水景を撮影するのに、あまりハイスペックなカメラはいらないという事。もしこのカメラがNikon D40じゃなくて、D800だったら、多分その仕掛けもすぐわかっちゃうかも?と・・・





ソレよりも、「やはりケーユーエフユーですよ^^」カメラ単体の性能より、ストロボを駆使した撮影方法や、コツ。本やネットでは知り得ない、生のノウハウが聴けてウハウハでした!600万画素のデジイチであえて上位を目指す!カッコいいじゃないですか。





水景の遷移も、スマホで見せてもらい、構図をどうしようか、かなり悩んだとのこと。結局、家族の方の意見を取り入れて、最終仕樣に。七歳のお子さんの意見も貴重にするその姿勢にリスペクト。





自分だけでやってると、わからなくなるとカレは言います。やはり、あまり興味のない方の声が意外と、核心をついてたりするもの。他人の意見を聴いて、自分の中に持って帰れるというのが、上手になる一番の秘訣なんじゃないかと、未熟者は思わされました。





帰りしな、「実はこないだ、夢が叶ったんです。小さな事なんですけど」と言うカレ。やはり、コンテストもですが、夢やロマンを持って、ワクワクしながら生きるというのがいいですね!私もこのホビーで、何か道を見つけたような気がします。





ネイチャーアクアリウムをやってる方は、ステキなオトナが多い^^






そして、カレは私にこう言ってくれました。







「一緒にグランプリを目指しましょう!」





スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit