私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

新潟テレビ 『生命のチカラ 日本の天然杉~佐渡・忘れられた森の物語』 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村












新潟テレビ60周年記念に製作された、佐渡の杉の原生林を、一年に渡って取材したドキュメンタリー。










IMG_1260.jpg




川島 海荷が、佐渡の自然の神秘に迫る。







IMG_1259.jpg



写真家 天野 尚の撮影風景も、興味深い。





アマノスペシャルと呼ばれるその大判のフィルムは、ハイビジョンをはるかに凌ぐ表現力で、世界の自然を克明に記録する。将来、多くの自然が失われた時、その記録は自然を再生させるためのアーカイブとなるだろう。









IMG_1263.jpg




日本を代表する杉の原生林として、屋久島との対比も行われる。





屋久島は巨大な花崗岩で出来た島。養分や根を張り巡らせるための腐葉土の層が非常に薄い。そこに杉が森を形成できた理由は?






屋久島は、一年に400日、雨が降ると言われるほど降雨量が多い。そのため苔が多く繁殖した。その苔が腐葉土の代わりになったのだ。自然は支えあっている。







IMG_1265.jpg



そして佐渡の原生林が、5mにもなると言われる厳しい降雪の中で、森を形成できた最大の謎を解くキーワード『伏条更新』とは?






そう、雪こそ、その助けになったのだ。自然は時に厳しく、そして恵みをさずける源なのである。厳しさと恵みは表裏一体だ。







IMG_1266.jpg





伏条更新は、ウチの部屋の中の小さな自然でも、その片鱗を見ることができた。






自然から学ぶ。天野 尚の生み出したネイチャーアクアリウムとは、ただ単に部屋の中に自然の模倣を創るのではなく、自然を感じる行為に他ならないと思う。








IMG_1261.jpg




天野宅の4mのネイチャーアクアリウムをいつもの視点から眺めるふたり。「こうやって寝っ転がって、下から眺めるのが好きなんだ」と天野







その四角いガラスの容器は、セカイのコトワリを内包している。






そこから伝わるメッセ-ジを、私は『推想』する





















いつも読んでくださりありがとうございます^^







コチラはTBSで放送された、天野さんが東京スカイツリーの、すみだ水族館のネイチャーアクアリウムを製作する番組を、海外で紹介する番組。見逃した方は是非、コチラでチェック♪





trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。