私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

Aqua Journal197&198号。 

必携の書。





今回はアクアジャーナルの今月号と、アジトで品切れして取り寄せた先月号のハナシ。


この二刊は、今までにないくらいツボを押さえた、まさに水草レイアウトをカッコよく創りたいという方にはオススメのいや、必携の書でしょ!?



まずは197号の「必ず役立つ表現術」


自然の中からヒントを見つけ、それを水槽の中で再現するポイントをわかりやすく解説しています。


自然の写真が素晴らしい!どの写真も水景にそのまま活かせるモノばかり。私もフィールドでこういう写真を沢山撮りに行きたい!暖かくなったら><




「さりげない自然感を感じる石の際の水草表現。」はホントに参考になります。ただ石を置いただけに見せないテクが満載。


「リシアのレイアウト表現」も必見!リシアは厄介ですが、こんなに水景に味わいをもたらす水草もないかと。使えるモノはなんでも使いたいです!


198号は「水草の達人になる」この号は水草やってても、ADAキライという方にもオススメ^^;


水草のリストは永久保存版です!この号でやっと、水草の名前が覚えられそうな私><


そして私がブチ上がった、最終ページの編集後記の、AMANOさんの驚愕のコメント!ADAの物凄い計画とは・・・!?必見です!!



私のツボは、お気に入りのAMANOさんの人となりを記したコーナー「天野御用帳」

「オス?CLOSE?」AMANOジョークのハナシは、私の琴線に触れまくり。私はAMANOさんの茶坊主になれるか?


「常にアタマを柔らかくしてないと、新しい発想はうまれてこないんだぞ」まずはダジャレからっすね、社長!(←違うと思う><


という見どころ満載、衝撃もあり~のこの二刊、ゲットして間違いないことは私が担保します!


ところで、198号の10ページ・・・めだかの学校という特約店向けのセミナーのひとコマなんですが・・・


こ、コワい><高橋ヒロシ原作の漫画「クローズ」を思い浮かべてしまった私^^;NAパーティーでお世話になったご主人も見えますが・・・その後ろの方・・・


これからのネイチャー悪ァは「ワル」が大活躍??ヒトは見た目じゃないですが><


とにもかくにも必見です(ワル、じゃない笑><








スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。