私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

渋滞の原因をサグれ! 




連休ですね!GW。頑張れウィーク。タンクローリー乗りの私に頑張れよ、と元気付けてくれる言葉・・・

ちが~う><と、こボケをかましつつ、今回はドライバーらしく道路のハナシなんぞを。東京からクルマでADAのある新潟までの道のりをなんとか楽に行けないものか?と、私なりの考えを記事にしたいと思います。

渋滞は事故だけで起こるんじゃなくて、こういう連休のクルマの多くなる時期、自然におこるそうです。まあ当たり前と思うでしょうが、ほとんどは高速道路のアップダウンの箇所で、クルマの速度が落っこちるところで起こります。


R0013573.jpg


これはNEXCO東日本のHPから。このように「サグ」という箇所でクルマの速度が落ち、後続のクルマが次々とブレーキを踏んで、「おぉっふ!」とびっくりして、それが連鎖して起こる現象です。


NEXCOには「渋滞予報士」というヒトがいて(日本でただ一人だとか)そういうサグの箇所を実際に見て回って、それをもとに渋滞予測を日付にしてHPに発表しています。


この方、中川翔子がパーソナリティをしてるラジオでゲストで出てたんですが、しょこたん曰く、「渋滞の先頭のクルマの上に『このヒトのせいです↓』って矢印だせないんですか」って・・・

おもしれぇじゃね~かい^^;でも、そういうサグの箇所の路肩に、「渋滞箇所、速度あげろ」と電光表示版でだしてたり、対策はとられてるようです。これだけでも大分違うんじゃないでしょうか。スピードメーターを見て走ってるヒトは少ないと思うので・・・

首都高も仕事でよく走るんですが、あそこはひどい!80キロで走ってると、いきなり渋滞が始まったり・・・もっと、しゅっと、こう、行かないのか><

合流、分岐、トンネル、急カーブ。渋滞の原因がてんこもり。外環自動車道と首都高のジャンクションには信号(!)があるとこもあって、朝一はその信号待ちが本線にはみ出してる始末。欠陥道路ですね・・・

やはり速度が急激に落ちるのが渋滞の一番の原因かと。一度、みんなで息を合わせて、アホみたいに車間をとって、低い速度で整然と走れば、ウソみたいに流れるんじゃないかと私は思います。


サグ渋滞は消すことができるようです。実験で10台くらいのクルマでフォーメーションを組んで走ったら、その集団が走ってる間だけは渋滞が消えて流れたんだとか。



やはり車間が一番の鍵でしょう。そうすれば合流もスムーズにできるし、安全で、事故が無くなれば渋滞解消にどれだけ役立つことか。渋滞でのCO2の排出量もバカにならないようです。



R0013574.jpg


5月1日、関越自動車道下り線、花園インターで45キロの渋滞予測。しびれますね><

私のおすすめは東京から前橋あたりまで、下道で走る!17号のバイパスづたいで行けば朝早い時間なら、すいすいいけるかと思います。私も以前、仕事で所沢から群馬の高崎まで行くのに、土日は下道で行ってたんですが、関越で行ったヒトより早かったということがありました。

下道は疲れますが、いつでもトイレにいけるのがいいです^^;渋滞でのさしこみ・・・あれこそ、地獄だと思います><

前橋を過ぎれば、新潟までひとつ山を越えれば、込むところもあまりないのでおすすめです^^


いざゆかん聖地へ!どうか皆さんご安全に!

スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: 22 | edit