私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

チン岩?キ岩?これ誰んだPARTⅡ。 

R0013199.jpg



前回の記事で、彼女から貰ったモノ。それがこのカレンダー。




AJ173号にもあった「カメラを持って出かけたいポイント」にも取り上げられていた、屋久島の奇岩を写したカレンダーです。




近所の薬屋さんでもらったとのこと。これはすごいネイチャーなアイテムだと思いました^^




R0013196.jpg




屋久島は世界遺産の島。私も以前、訪れたことがあったので、感慨もひとしおです!



AJ150号でも特集しています。



R0013197.jpg



鹿児島から60キロほど。日本で9番目に大きい島とのこと映画「もののけ姫」の舞台のモチーフでも有名。



一周130キロほど。意外と大きいです。私はレンタカー屋さんでカブを借りて、周ったんですが、一周するのにけっこう時間がかかりました。



おそらく世界でも屈指のネイチャー島でしょう。海外旅行もいいですが、旅行を考えてる方達には是非検討していただきたいです。



白谷雲水峡、縄文杉、ガジュマルの森や壮大な滝の数々・・・一言では語りつくせない魅力があります。



その思い出も語りたいところですが、それはまた機会があるときに・・・




屋久島は巨大な花崗岩でできた島だそうで、こういった巨石、奇岩がそこかしこに点在しています。



余談ですが、天野さんの石組でよく見られる、石を立てて、一点消失法で組んだやり方がありますが、あれは石の根幹が一緒で、その石達が長い年月で侵食されて、ああなったという解釈なんだそう。だから見ていて、なんかしっくりくるんでしょうね。



あのレイアウトの仕方も、天野さんの頭の中だけじゃなくて、自然の摂理に則っているというわけです。う~んネイチャー・・・




しかし、これを見るにつけ、なんでこんなとこにこんな岩が?と妄想が膨らみます。巨人の悪戯としか思えないようなモノも。



ではめくっていきましょう!




R0013188.jpg



1,2月の写真。「黒味岳」の奇岩です。岩ってなんかヒトや違うモノに見えるときありますよね^^;



では実物の名前に私なりにタイトルをつけていこうかと。



この岩は「タソガレ、ヌリカベ」



R0013189.jpg




これは有名な「太忠岳」別名「モノリス岩」です。



映画「2001年宇宙の旅」に登場する「モノリス」に似ているからだそう。しかし思いっきり立ってますね~大自然のミステリーです!



巨人の背中にも見えます。題して「タソガレ、巨神兵」



R0013190.jpg



これは「永田岳」なんだか八海石の岩組みにも見えますね^^



しかしまたなんでこんな風に・・・これは「超電磁カラテチョップ」



R0013191.jpg



これは「翁岳」思いっきり「顔」です!



「ロボゴリ」・・・



R0013192.jpg



これは「花折岳」。またこれもミステリー&ファンタジーな岩です・・・!



「アバンギャルド・ポップ・ロック」!



R0013193.jpg



「永田岳」です・・・これはもう完全に神の創りし彫刻・・・!




「見る増す、カラス」・・・><




ホントにこういった岩を見るにつけ、自然の神秘を感じます。



「一年に400日雨が降る島」「洋上のアルプス」冠されるこの島。私もこの島を周っているとき、木霊や精霊がいてもおかしくないんじゃないか?と思いました。



ホントにこの自然は次代に受け継ぐべき遺産だと思いました。またいつか行きたい!



このカレンダーは青山 潤三氏の作品です。著作権に問題ありましたら、ご一報ください。すぐ処置いたします。




あ、その時のために宣伝しておこう^^;










R0013195.jpg



自然がいちばん!第三種医薬品です。用法用量を守って正しくお使いください^^



スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: 21 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。