私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

石組みレイアウトのキラキラ。 




石を立てるのは難しい。60センチその2で格闘するも惨敗・・・


大体「ここにこの石を置いて、こんな角度で立てて・・・」というイメージは皆さんもお持ちかと思いますが、実際に立ててそれをどうやって保つのか?というのがこの龍王石の石組みのキモなんじゃないかと。


今回は気合を入れて60センチその3「キューブキャビネットミスト」で一からやってみます!





R0011994.jpg


親石はこんな感じで。

この石は右に傾けて置くのが、私には一番しっくりきました。
添石で支えて、裏側の絶壁に細石を3つくらい置いてしっかり支えてます。


途中の写真がありませんが・・・かなり集中力を使いました。


忘れたというか、目を離すとすぐ倒れてしまいそうだったので、撮る余裕がありませんでした。両手で幾つも石を支えて。最後の石を置くまでまさに、石との「格闘」でしたよ!







R0011995.jpg

写りこみで見えづらいですが、こんな感じになりました。それぞれ、別々に立っているようにみえますが、ひとつひとつ、支えあって強度を保っています。一個でもずれると・・・?



見せたくない部分の前に小さめの石を置いてみたり。あ!お客さん回りこんで見ないで^^;




R0011997.jpg



後ろにアマゾニアパウダーでモリモリっと盛ります。今回は気合を入れて盛ります!でも崩れてきちゃうんですよね・・・エビをいれると。

でもなんとなく盛土を止めるコツがわかったような気がします。後ろの盛りぐあいでかなり遠近感が違ってきますからね~やる価値はあると思います。



R0011999.jpg


石に残ったパウダーをエアダスターで吹き飛ばします。


R0012000.jpg


霧吹きで表面を湿らせてソイルが浮かないように。でもけっこう浮いちゃうんですよね^^;



R0012003.jpg



水道から直接、注水。もう蛇口はしぼってしぼって点滴のような勢いで。一回目はソイルを崩さないように慎重に。貯まったら一度全部水を抜いて、もう一度注水すると水の濁りが少ないです。








R0012007.jpg




水を張ると、ようやくソーラーⅡも吊れます。これは明るい!キラキラしたソイルの気泡に癒されます^^














R0012006.jpg


おぉ~浮かんでいる!そして光っている!これはゲットして良かったです!


レイアウトも私的には、けっこううまくいったと思うので、植栽が楽しみです。シンプルにグロッソかヘアーグラスでまとめたいですね!

trackback: -- | コメント: 18 | edit