私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

秩父紀行 その4 






秩父の名物の一つ、SL「パレオエクスプレス



撮ってよし、乗るもよし。その汽笛を聴くとテンション上がります!




DSC09532.jpg




色んな場所で撮影する方達を見かけます



自分だけの撮影場所を見つけるのも楽しいです




DSC09329.jpg




どうせなら秩父の自然の中を駆け抜ける姿を



車で追い越して、待ち構えて撮影もできます!



並走しながら、後ろの方が流し撮りなんてのも楽しそうです!





DSC09289-2.jpg




やはり私は、待ち構えて流し撮り!





DSC09262.jpg



雲海、観光や食、ライン下りや日本の三大夜祭と、オンリーワンな魅力をいくつも持ち合わせた、都心からすぐの秘境



世界からも人を呼び寄せるポテンシャルを持った、クールジャパンを代表する観光地です!











スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

秩父紀行 その3 






秩父の名物の一つ、棚田



その景観を撮影しに、多くの写真好きが訪れます。しかし…



近隣に車を止めて迷惑と、とうとう、この辺りは駐停車禁止になってしまいました。昨今のカメラマンのマナー違反のハナシと重なりますね



しかし、私は感動しました!この近くに、以前なかった無料の駐車スペースが、しかもトイレも併設して作られていた事に!







DSC09292.jpg




棚田に水が張られて、美しい景観と工場と武甲山の取り合わせ




デジタル写真というのは今や、SNSと表裏一体。そしてその拡散力は凄いです



そこで、拒絶ではなくむしろ呼び込んで、写真好きに思いっきり趣味に興じてもらい、秩父の魅力を世界に発信してもらう




無報酬で宣伝になる。それに気付いた自治体の行動に私は、賛辞を贈りたいです。やるなぁ~




みんな良くして回していける方法が、あるはず。観光立国日本の将来のヒントが、この秩父にあると未熟者は思いました







trackback: -- | コメント: -- | edit

秩父紀行 その2 






秩父ミューズパークで日の出を見た後



羊山公園の芝桜を見に行きました!



大きな敷地に見事な芝桜。ゴールデンウィークに見ごろをむかえるように栽培されています





DSC09301.jpg



大きなワンちゃんとネコちゃんを連れてる方が



芝桜をバックに愛犬を撮影。動物好きで写真好きの方達をも呼び寄せる秩父のポテンシャル



しかし、このワンちゃんとネコちゃん、ホントにおとなしくて可愛かった。しつけが素晴らしく、この方の深い愛を感じました^^





DSC09265.jpg




やはり、この景観に訴求力を加える武甲山の奇勝




写真好きにはたまらない、都心からもほど近い絶景スポットです!



trackback: -- | コメント: -- | edit

秩父紀行 その1 







秩父は雲海で有名!



でもそれを見れるのは運かい・・・?いえ、運じゃないんです><



こういうときのツイッター。地元の方が、今晩雲海の出る可能性大!とか、つぶやいているんです。ハッシュタグ秩父雲海で検索!



そういう情報を駆使してか、こんな夜中でも展望台では沢山の人が






DSC09205.jpg



雨上がりは夜空も素晴らしい!ホントにこの辺りは真っ暗ですが、カメラを25秒露光したら、星もたくさん写ってました






DSC09228.jpg



日が昇りだすと、かすみの中に遠くの工場が浮かんできます





DSC09225.jpg




ギザギザの武甲山ピラミッドは秩父の名物



最近、秩父はアツい…次回も、その観光客を呼び寄せるチカラの秘密を探ってみようと思います!








trackback: -- | コメント: -- | edit

ファイナル桜 


DSC08675_201704241214205a0.jpg




桜が散りだすときの寂しさ



見ごろを終え、緑の葉が出だすとこの季節も終わりかと







DSC08777.jpg



しかし、私はこの瞬間が一番、美しいと思う



これだけココロをつかまれる瞬間が他にあるだろうか



有終の美という言葉が、見事にハマる






DSC08827.jpg




夕暮れのなか



ゴールデンアワーの光が桜の花びらから透過して、燃え上がっているように見えた



その命を燃やしつくせ、と言わんばかりに



















trackback: -- | コメント: -- | edit