私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

SOLAR RGB レポート 






アクアデザインアマノの新LED照明、『SOLAR RGB』の実機が、栃木県の『大田原ペットマルヤマ』さんで展示されていると聞き、早速突撃取材



凝った造りのかっちょいい筐体。そしてその光の鮮やかさ




DSC06760.jpg




安定器はメタハラランプのSOLARⅠのように、別になっています




未熟者が驚いたのは、その発熱の少なさ。筐体を触ったり、照明の近くで手をかざしても、熱くない。コレは熱い夏、水温の管理にいいですね!





DSC06757.jpg





そしてなんといっても、この照明の最大の売りは明るさもですが、演色性



赤色がすごく鮮やか。赤だけでなく、水景全体の本来の色を引き出して、一番重要な鑑賞に効いてきます



最初、LEDで130Wというスペックを聞いて、「うわ、まぶしすぎるんじゃ?」と思いましたが、うまいことスモークでディフューズしていて、光が全体に回る感じ。陰性水草や流木の影もきれいに見えそう。蛍光灯の特性も兼ね備えているのかなと



下から眺めても、明るすぎて目が焼けるということはあまりない。メタハラだとけっこう光がきついですが、明るいLEDなのに不思議です





DSC06759.jpg




ちょっと、お遊び




ブラインシュリンプを店長さんに持ってもらい、その演色性をテスト




同じLEDのアクアスカイに照らすと、オレンジ色っぽいんですが、この照明だとピンク色に近くなる。これが本来の色なんでしょうか




写真なんか撮ってると、曇り空でコントラストが出ないと、いい色が出ません。逆にピーカンだとそこそこのカメラでも素晴らしい色が出たり




水草の育成にも、もちろん効いてくる。水景の作成期間も早まるでしょうし、光が強すぎるとコケが出やすいのではという意見もあるでしょうが、未熟者が考えるに、水草がガッチリ根を張るのが、一番水質の安定に効いてくるので、最初に水草をみっちり植えるのが吉かなと




照明の波長は、色々科学的な考察が昔から言われてて、「明るければいんじゃね?」なんて未熟者は思ってたんですが、植物の好む波長やコケの出やすい波長も当然あるでしょうし。ソレを研究してこの製品をリリースしたのかなと未熟者の考察




久しぶりにワクワクする製品の登場。お値段はお高いですが、その価値はあり!と、このレポを締めさせて頂きます




ただ、人気のせいで部品調達が間に合わず品薄・・・10月ごろに次のロットがリリースされるようです。とりあえず実機を見てその演色性の良さを実感してもらえたら、欲しくなること請け合いです^^











スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

アクアス改 







仕事中SSにて、お客さんのカブがかっちょ良すぎてパシャリ




ペタペタシートと、ドロップハンドルでこんなに印象が変わるんですね。補機回りも見た目に効いてて、カスタムしたど~という感じ




さて、今回はアクアのカスタム記事なんぞを




IMG_1335.jpg




水景工房製、アクアデザインアマノのLED『アクアスカイ』を、ワイヤーで吊ることのできる『スカイ吊り~』です(コレはモデルチェンジ前ですね



コレは便利で、かっちょ良い!その分、お値段は少し張りますが




他に作ってないかと、調べていると、アクアガレージスズキという静岡のショップでも似たようなグッズが




多少お安いです。両方とも違う工夫がしてあって、本体を重くしたり、ワイヤーを細くしたり




というのも、アクアスカイはかなり軽く、フツウにDIYで自作すると、ワイヤーがピンと張らないんです。コレは自分も色々試して苦労した点





DSC05986.jpg





そこでコレを試しました




『ボールチェーン』です。よく洗面台や浴槽で見かけるアレ




これならチェーンの構造上、だまってても張ります。しかも、ボールの引っ掛かりで、アクアスカイの水平を保つことが




まぁ、見た目がアレなのを除けば割といいんでわと自画自賛です^^;




ネットでアクセサリーや額縁を扱ってるショップで取り寄せられますよ(自分は50センチのフック付きのやつを




アクアスカイは省電力で、高く吊り上げても水草がガンガン育ちます!




120×45センチの水槽でも、アクアスカイ45センチ用2台で、いけそうです^^




以前、4台で吊ってましたが、光が強すぎて水草がズンズン低床に潜っていきました(爆笑








trackback: -- | コメント: -- | edit

洗うんど!フォーティー 






ウチにある40機ほどあるスーパージェットフィルターを洗いました(ウソです><8機くらい笑




最近のウチのネイチャーアクアリウム維持は足し水だけで水替えはあまり・・・



かわりにフィルターのろ材を丸洗い。思いついたときに




アバウトだな~この趣味をはじめた頃に比べて、構わなくなりましたね~自分でびっくりするくらい(爆笑




せっかくパワーのある、ろ過機なので、洗う前に汚泥もバンバン吸ってもらいます



ろ材を洗いすぎると、バクテリアがいなくなってダメというのがセオリーですが、水草のアクアリウムは時間がたつと底床全体がろ材になります



そこからは外部フィルターは紙パックを交換してない掃除機みたいに…溜まった窒素やリン酸で髭コケがはえやすくなります



丸洗いしてもすぐバクテリアは増えます!それよりも溜まった余計な物を出すこと




結構、物理ろ過も大事だと思います。水槽なんてものは、所詮「水たまり」




なるべく、よけいな物を取り除くことがいい状態を保つコツかと




何を添加するかよりもと、未熟者は考えます








trackback: -- | コメント: -- | edit

ADA VuppaⅠをブッぱずせ! 


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ







アクアデザインアマノの至高の油膜とり『VuppaⅠ』



今回は分解に何秒かかるか動画でやってみたいと



最後の方で出てくる、インペラーのケースの穴が小さく、ココが詰まると流量が極端に低下するので、参考までに…



イロイロ、異論がある器具ですが、きちんと理解して使うと、やはりいいモノだと未熟者は思います^^


trackback: -- | コメント: -- | edit

アホがジェットをもってくる 

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村








スーパージェットストリーム!って感じのウチこと水槽小屋・・・



国産のポンプを装備したVerは、間違いなく最高の外部フィルター。なんといってもデザインが秀逸



こんなにアクアデザインアマノの水槽器具こだわるのは、自分の夢だったこともありますが、あるブロガーの方の影響が大きいです



もう趣味に制約を設けるのはやめた。チョンガーのうちは今しかできない事を徹底的にやるのだ、と。



こちらの方のこの記事・・・もう常軌を逸してるとしか^^;でもココまで自分のセカイを追求できるのは、ある意味ホントの幸せではないか。そういうモノに出会えるという事が



でも、この方が学んだ「ほどほどに」というコトバが、あまり活かされてないのがなんとも味わい深いです(爆笑




・・・見習いたい!(また爆笑

trackback: -- | コメント: -- | edit