私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

海水大崩壊>< 




さて、先日までキープしていたこの30キューブ海水水槽なんですが・・・


不慮の事故で崩壊させてしまいました><



というのも、この水槽、ろ過はマキシジェットに、底面フィルター直結で行ってたのですが、最近まで、ご覧のように、ソフトコーラルを蛍光灯20Wで無難に育っていました。でも、悩みの一つに「ゴカイ」が湧くというのが・・・


気づくと、毛虫のようなヤツが底砂から出てくる・・・ピンセットでつまむと10センチくらいのなんとも気持ち悪いヤツがびろ~んと・・・


「きゃ~」とかいいながら、ぽいっとゴミ箱に捨てる日々・・・しかしやつらは見た目が気持ち悪いだけじゃなかったのです。この底面に大きめの珊瑚砂を敷いて、見栄えでその上に、細かい砂を表面に敷いてたんですが、それを攪拌させていたようで・・・


その細かい砂がマキシジェットのインペラーに噛んでしまっていて、気づくと時すでに遅し・・・


水流のない上、この暑さ。その結果はご想像の通り・・・><


もう地獄絵図です・・・思い出したくもありません。ホントに未熟さここに極まれり。全てダメにしてしまいました・・・


あぁ、私のような所に貰われてしまったばっかりに・・・こういうことが起きるたび、「やめようかな・・・」と落ち混むもんですよね。


でも全て、勉強です。いつかまた上手く飼えるように、諦めないという姿勢こそがせめてもの供養、オトナのとるべきスタンスかと思い、今回このような、私の未熟さを公開しようと思ったしだいです。


海水は約一年キープしました。難しいと聞いてましたが、「でも、やるんだよ」と自分に言い聞かせ、立ち上げました。案外、雑誌に書いてあるよりは、上手くいったかな?という印象です(←でもだめだったんですが><


本で書いていて、難しいということを知っているというのと、自分でやって難しくてやっぱりだめだった、というのは雲泥の差があると思います。


ですから、皆さんも難しいとされる水草や生体、このような無脊椎なんかもやってみたいと思ったら、是非挑戦すべきだと思います。


でも、あえて海水をやりたいという方に、やりたくなくなるハナシもさせてもらおうかなと^^;すんません・・・


まず塩代がけっこうかかります(100リットル分で大体、2000円くらいです。60センチで週3分の1水替えすると・・・けっこう維持費がかかりますね)


ニオイもけっこうキツイです(磯のニオイ、今回の崩壊劇では片付けるとき物凄かったです・・・おそらく硫化水素でもでてたんじゃないでしょうか・・・


水換えも比重計で計るのがしんどいです。ちょっと海水が足りなくて、前の水槽の水を足してるのを見た彼女曰く、「愛が感じられない。それだったらやめたほうがいい」とのコメント、はい・・・><


大変な分、やはり癒しも、もたらしてくれます。難しいことほど「達成感」を味わせてくれるのは、人生も同じですよね。海水は大変なので、ただお勧めするだけなのもアレかと思い、おせっかいも焼かせてもらおうかなと・・・でも幾多の失敗を乗り越え、うまくいった暁には、必ず貴方に、アクアの福音をもたらしてくれる事でしょう。


イヤなことって、ただ忘れることはできない・・・いい思い出で上書きしていくしかないんですから。



という今回の記事とはあまり関係ないんですが、秀逸なサイトを発見したのでそれを。



「大人のお悩み教室」という人生相談の特集みたいなモノ。こちらは「石原壮一郎の大人マガジン」という、現代を生き抜く知恵が書かれているサイトで見ることが。


結構、皆さんも気になる悩みが一つは見つかるんじゃないでしょうか?読むと、キツイ事も書いてありますが、かなり視野が広がって、ココロが軽くなるのではないかと?


是非、お気に入りに追加して、後で一つづつ、ゆっくり読んでみることをお勧めします^^


コレを読むと、悩みってヒトから押し付けられるモノじゃなくて、案外自分で作ってしまっている面もあるのかなと。やはり、行きづらい現代を生き抜くには「鈍感力」ではない・・・それだとただの嫌われ者になってしまう危険性が。


「大人力」で周りも自分も、客観的に見られる視点を磨きたいと、未熟者は思いましたです。


そしてこのアクア趣味こそ、我々に大事なことを教えてくれる。味わい深い大人を目差すには、もってこいの、究極の大人のたしなみと言えるでしょう!

スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: 10 | edit

海水水槽の詳細です。 



今回は海水水槽の周辺器具の話を。

こちらのエビは先日お迎えした、「ホワイトソックス」です。けっこう大きくて見ごたえがあります。
エサはコケなど、なんでも食べるそうです。クリーナーフィッシュというやつ。赤が鮮やかです!
名前は・・・皆さんから募集していいですか?^^

R0011904.jpg

メインの濾過はニッソーのバイオフィルターという底面フィルターで行っています。その上にスポンジを敷いて、底床は大きめの珊瑚砂を敷き、その上から細かい目の珊瑚砂を化粧砂として振りかけています。

それにマキシジェットMJ400を直結。底面濾過と水流と二ついっぺんに出来るので非常に便利です。

R0011945.jpg


サブの濾過にエーハイム2211とこの流動フィルターを組み合わせて、生体用にエアレーションも行っています。

しかしこの流動フィルター、以前に通販で購入してお蔵入りしていたのですが、効果は?

中の濾材がぐるぐる回って見た目が面白いのがいいのですが、エーハイムを止めると濾材がホースの中で本体から逆流!してきてしまいました><

なんだこりゃ~こんな玉がエーハイムのインペラーに巻き込んだらふっとんじゃいそうです・・・

安いからと以前は通販を利用していたのですが、こういったモノに当るともうあまり利用しようとは思わないですね・・・でもこれ確か、けっこう高かったぞ~><高いので外せない私・・・(どこの商品かはふせておきます)

エーハイムの中には濾材は入ってません。水を回してるだけ。もったいないという気もしますが、これはプランクトンが濾し取られないためです。

サンゴがけっこう調子がいいのもこのプランクトンのおかげだと思っています。これこそ自然の海を再現する奥の手。添加剤等も入れてなく、水換えだけで維持できるのも多分これのおかげかなと。

こちらのショップから定期的にプランクトンを送って貰ってます。こちらのHPには海水に興味がある方に大変参考になる記事がたくさん載っていてお勧めです。(人工海水はDo Aqua!のやつを週に3分の1交換してます)

R0011949.jpg

こちらはカミハタの「レコルト」ブルー3w。これとテトラの12Wの蛍光灯を組み合わせています。

R0011954.jpg

LEDの3Wなのですが、けっこう明るいビームが。こちらの製品のすごいところはメタハラのような「波紋」が出来るとこ。agauajornalさん情報ありがとうございました^^

では夜間、このLEDだけを照らすとどうなるかご覧ください・・・





















R0011920.jpg

「なんということでしょう!」

これは幻想的なライティングです。お値段もリーズナブル(4Wだと高価)
水草水槽にも夜間のライトとして使うとムーディーだと思います^^

R0011942.jpg

エビのヒゲや脚もブラックライトのように蛍光色で照らしてくれます。これをウチの部屋中の水槽に付けたら、海の底のようになるかも?やってみたいです^^

アクアは究極のインテリアだ!!
trackback: -- | コメント: 14 | edit

ユカイな海水の仲間たち。 



先日のコラボ企画で取り上げた、海水水槽のタンクメイトを公開します。

愛すべき仲間達に名前をつけました。決して買うときに、品種の名前を忘れてしまったわけでは・・・
あ、ありませんので!(←^^;

「エリンギちゃん」(命名は彼女。これはウミキノコですね)
バターで炒めたら美味しそうです。(喰うの?^^;







R0011890.jpg


「大スター」(これは以前記事にしたスターポリプですね)
買った時は、グレて調子が悪かったのですが、こんなにポリプ満開に。やはりスターというのは、一旦落ち目になって、這い上がってくる者こそが本物なんですね。う~みよ~♪お~れ~の、う~みよ~♪(←誰^^;










R0011893.jpg


「ダイダラ坊ちゃん」(すいません、忘れました^^;
「もののけ姫」のダイダラボッチのような透き通ったボディ。置くだけ簡単♪















R0011886.jpg


「風船オジサン」(これは覚えてます!多分、バブルコーラル
坊ちゃんもいればオジサンもいます。夜中はどこかに飛んでいっていまいますが、朝(ライト点灯時)には戻ってくるのが、本家のオジサンと違う所です。(←いや種族が・・・^^;










R0011895.jpg

「マガッキー」(マガキ貝)
ガッキーはカワイイですが、こいつはキモいです・・・底砂の掃除係。なんで貝なのに目みたいのがあるの?時々、身悶えるように動くのでドキッとさせられます・・・










R0011892.jpg


「シッタカ・ブリトニー」(シッタカ貝)
窓拭き担当。これ一匹いるだけで水槽のコケが綺麗になります。でもキモイです・・・移動速度がイシマキ貝とは比べ物になりません。水槽の隅っこを渡り歩くときのキモさといったら・・・「きゃー」と彼女も叫ぶほど。我が家のお騒がせアイドルです^^;










R0011887.jpg

「ケツメ☆石」
夏の定番です・・・ってこれなんて名前でしたっけ^^;







R0011885.jpg

「ロング・点太君」
ロングなテンタクル(触手)です。点太君ってなんかリンクして貰ってるブロガーを彷彿とさせますが?^^;
















R0011882.jpg

30×30×40の水槽でサンゴ水槽をつくってみました。小さい水槽でもサンゴは飼えます。ライトは蛍光灯でもオッケ~。今のところ順調ですが、そのうち崩壊するかもわからないので今のうちにアップしておきます・・・

タンクデータは後ほど。海水も面白いですよ!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
trackback: -- | コメント: 10 | edit

悲しかったことと、嬉しかったこと。 



水質も安定してきたようなので、海水水槽に待望のサンゴをお迎えしました。近所に海水専門のショップがあり、暇なとき眺めにだけ通ってるうち「サンゴ飼いたい・・・」と思うようになりました。

丁度その時期ADAからRO KITが発売されて、「水草だけならROはもったいない。どうせなら海水もやろう。」と始めました。なんか順番が違うような・・・^^;

サンゴはソフト系が好みです。水流にゆらゆらしてる姿が「生きてる」って感じで。ハード系のナチュラルシステムでメタハラ多灯・・・はよそうと思います。泥沼にはまりそう・・・

で、写真のサンゴは丈夫が売りのスターポリプなのですが、一番失敗しないと勝手に思っていました。ただこいつだけ、水槽にいれてもポリプがいっこうに開かず・・・

あ~よく見ると亀裂も・・・これはだめかな、もっと見る目を養わないと・・・と諦めていた一週間後・・・

少しですがポリプが!復活してきました。すごい。無脊椎はすぐ駄目になるという考えが少し変わりました。水流や光量や水質などの要素があってサンゴは難しいですが、これからの経過に期待したいと思います。




今回から思うところあって、期間限定で、にほんブログ村のランキングに参加してみます。

私のリンクさせてもらっている方達のブログを、まだ知らないという方達にも見ていただきたいと思い、少しでも目につくところに置かせてもらおうと思いました。

水草のカテゴリーですが、いきなりサンゴの記事になっちゃいましたね^^;

ランキングにご協力頂ければ幸いです^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
trackback: -- | コメント: 6 | edit

私のサンゴを公開します。 

R0011267.jpg

ブログを見てくれたかたに、以前公開した海水水槽にサンゴが写っているのがわからなかったというご指摘があり、今回はアップにして見てもらおうと思います。真ん中の洞窟の右のあたりに・・・

R0011312.jpg

小さな可愛らしいサンゴが・・・種類もなにもわかりませんが、ピンクに蛍光色の模様がみえます。

ライブロックを組んでいるとき、「ヌルッ」した固まりがついてて、サンゴだとはわからなかったのですが、よく潰れたり、あっち向いたりとかしなかったな~と。

現在もまだ生存中です。無脊椎は全然わからないので、突然死亡という事もあり覚悟がいります・・・

「あれサンゴじゃないよ」って言われたらどうしよう?^^;
trackback: -- | コメント: -- | edit