FC2ブログ

私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

二本、イジンのカイ? 







さて、水槽台を変更した60センチその3は、早くも解体です!





水を抜いて、水草をはがしていきます。ショートヘアーグラスの芝生はご覧通りにキレイに剥がれましたよ!超~気もちイイ!






コレは120センチその2、「八海石水景」に移植。びっしり繁茂してたので、120センチを全面カバー出来ました^^コチラの完成報告も早期にできそう!







DSC04181.jpg





底床はそのまま使います。アクアデザインアマノのボトムレリーズで、底床肥料アイアンボトムを追肥。コレはホント秀逸なアイテム。使うのは稀ですが、持ってて良かったと実感します。DIYの工具なんて、みんなそうですよね^^




DSC04185.jpg







んで、自慢の侘び草改「予備クサ」を、右2個、左3個配置。





真ん中に「予備クサ、ニューラージパール」を。ADAに先駆けてリリース!(←ウソん><






DSC04188.jpg







水道から、浄水器「NAウォーター」で水を注水。ウチみたいに水槽が多いとマストなアイテムです。







DSC04189.jpg







同時に水面の油膜や、ゴミをホースで吸い取るんですが、水面を吸ってると、エアを噛んで、サイフォンがよく切れますよね。再スタートしようとして、ホースの先を口で吸うと、水を飲んでしまったり><








こうやって、外部フィルターの出水口にホースを押し当てると簡単に再スタートできます^^




水換えは底床の泥を吸うのも大事ですが、水面にはホコリや水草の切れ端や、油膜も浮くので、水面を吸うのが吉と思われます。


















DSC04191.jpg










さて、この置くだけ簡単水景がどのようになるか・・・こうご期待!









もう一本、90センチその1も、絶賛、解体中です><





trackback: -- | コメント: -- | edit

持ち上げろ一本! 















うち中のスーパージェットフィルターを清掃しました!





銀ギラギンにさりげなく・・・><









『縦構図』作っちゃってゴメンね~








さて、そのついでに、各水槽の仕樣も変更します。







90センチその1



アクアデザインアマノ スーパージェットES1200→ES600へ





120センチその2


エーハイム2215→スーパージェットES1200





60センチその3


スーパージェットES600→エーハイム2213







何をしたいかというと、キャビネットの中に隠すフィルターはエーハイム。スーパージェットはカッコいいので外に出して魅せようという狙い^^;






今回の目玉は、キャビネットの位置変更。大胆にも、水槽の水を抜いて、下の台を変更しようという・・・







先日のウォーターフォールの位置変更によって、60×45のキャビネットが余ったので、それに60センチその3を置こうと思います!










DSC04165.jpg







こんな感じで、水を抜きながら、オサカナやエビを救い・・・掬います><






そして、「ふんっ!」と違う台に一旦載せてっと・・・







コレはかなりオススメできないやり方です^^;水槽に負荷がかかって、接合部がダメージをうけそうですが・・・






アクアデザインアマノではかつて、長澤まさみ主演の映画『そのときは彼によろしく』の撮影協力で、新潟の本社から、東京の撮影スタジオに同様のやり方で、何本ものレイアウトの水槽を崩さずに運んで、また持って帰ってきたという逸話があります。







私は貧弱ヒンジャク~なんですが、こうやって部屋の水槽を移動して模様替えするのは、結構好きだったりします^^;







120センチも水を抜いて、壁に背中を押し付けて、両足で移動させたことも・・・屁のツッパリは、いらんですよ!(←コトバの意味はよくわからんが、とにかく凄い自信だ><








DSC04166.jpg







そんで、無事に水を張り直して、終了^^







ライトはADAの蛍光灯ソーラーⅡから、LEDのアクアスカイ602へ変更。






わ~まぶしぃ~♪









今まで下にあった、ガラスの水槽台、『キューブキャビネット60』は・・・









DSC04167.jpg







反対側へっと。やはりこのキャビは、奥まったトコロに置かない方が、浮いてる感が出て、いいですね。







この台にまたどんな水景を作ろうか・・・楽しみです^^








2012年のADAのカレンダー・・・やはり破けませんでした(爆笑






trackback: -- | コメント: -- | edit

自己Man イン ザ ミラー。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村




















おぉ~このキラ☆キラな物体は!








アクアデザインアマノの20周年記念グッズ、『タワー』です^^







水草の育成に不可欠な二酸化炭素のボンベのカバーを、職人の方達が、鏡面仕上げを施した逸品。







ずっしりと肉厚で、タカクてカッタイ、ステンレスを、これでもかと奢っています><















DSC04118.jpg





コレで、60センチその3を載せた、ガラス製の水槽台『キューブキャビネット60』のシステムが、フルコンプリート!






まさに自己マンの境地・・・













DSC04119.jpg





中段にゼンスイのLEDを置いて、ムーディ~な感じを演出^^;







しっかし今まで、随分この趣味に、お金をつぎ込んでしまった・・・







趣味に取り組む姿勢はヒトそれぞれ。水草の水槽というのは、そんなにお金がかかる趣味ではないです。







それでも私は、ここまで意地になってやってきたのは、あの地震が大きかったと思います。






負けたくない、気持ちだけは。もう、ここは派手に、独りモンにしか出来ない事をやってやろう!と。2DKのフツウのアパーツメントを、自分だけのネイチャーアクアリウム・ギャラリーにするのだ><








お陰様で、少しは貯めてたんですが、もうそろそろ資金も、底をつきつつあり・・・あ、まだ、チョットあります(爆笑












DSC04122.jpg






最後にミラーなボンベに、ミラーレスのカメラと、ミラーレンズという画で^^;





さぁ、今年も仕事頑張ってアクア資金、貯めるど~^^





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村




いつも応援ありがとうございます!沢山の方達に観て頂き、おかげさまで飛んでいった諭吉さん達の、いい供養になります(また爆笑








trackback: -- | コメント: -- | edit

60センチその3の現在を紹介します。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
















タイトル


『芒々』(ぼうぼう)




サイズ


60×30×36センチ



水草

エレオカリス・ビビパラ  ショートヘアーグラス 南米モス





フィルター

ADAスーパージェットフィルター ES-600




照明

ADAソーラーⅡ 一日八時間点灯



底床

ADA NEW AMAZONIA ノーマル



構図素材

ミャンマー石




タイトル通り、ボーボーです^^;










水草の数を抑えた、シンプルな水景。モスはどこかに紛れていたのが、繁茂してしまいましたが、それも味ってことで><







DSC04124.jpg




水上葉で植えたヘアーグラスは、最初、あまり動かなかったんですが、途中、照明をADAの新LED『アクアスカイ602』に換装したところ、途端に全体に広がりました!




これ一度もトリミングしてません。フツウはバシバシ切って、広がってくと思うんですが・・・




このLEDはやはり凄い!よく水草のスイッチが入るのを待つと言いますが、そのスイッチを押してくれる照明なのではないでしょうか?




もう、これからの水草の照明はコレ、一択なような気がします。ランニングコストも安く、熱もあまり発生しないというのも。




それに本体も軽く、工夫しだいで天井から吊れるので、水槽のサイズに合わせて、最適な台数を用意すれば、アクアの電気代という、この趣味の最大のネックの一つもクリア出来ます!




しかし、そのパワーの凄さで、茶コケやガラス面のコケも出てきましたが、コケの管理はもう大体、わかってきたので、ドンとこいです^^




コケって、水景の移り変わりの、一過性のモノだと未熟者は思います。出ても慌てず、セオリー通り対処すれば、怖くありません。お悩みの際は、お近くのADA特約店で是非、相談してみてください。必ずあなたの悩みを解決してくれることでしょう。








にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村





どこかの会社との、金銭の授受は一切、ステマせん><






trackback: -- | コメント: -- | edit

サマ~・魚ォ~図><; 





コチラは60センチその3。


今回はこの水槽の異常事態と、夏場の闘いについてなんぞを。






しかしコレは・・・ショボイ構図だ・・・





じゃなくて、注目して欲しいのは、水の白濁りです(下の装備も^^;



コレは毎年、ウチでは恒例になってます。色々、考察した結果、「アオコ」だという結論に。



いくら水換えしても治らないこと。生体にはあまり影響ないこと。おそらくバクテリアがダメージを受けなくても、室温が上がると、一気に活性化して増えてしまうんだろうと。



吸着剤を入れてもすぐ元通りになるし、高価な殺菌灯を用いないと、リカバリーできないと世間では思われてるようですが、凄く簡単な方法があります。しかも安価で。





R0012530.jpg


コレです。過酸化水素水。


コチラはドラッグストアですぐ手に入りますね。確か、そんなにしなかったはず。


アクアリウムに、一般的な肥料や薬剤を用いるのは勇気が要りますが、コチラはウチで長く使って、悪影響は見られなかったです。



量もアバウトですが、一応一滴二滴から初めてみて欲しいです。ウチでは60センチ水槽なら、付属のキャップ半分くらいにしてます。



しかしコレほど、効果が短期間ではっきりわかるモノはないのでは?ウチでは一日で元通りになります。



とにかくアクア趣味の方は一本常備して欲しいです。あの憎き「ランソウ」もピペットの噴射で舜殺できます!





R0012697.jpg



んで、コチラも私の超オススメの薬品・・・





R0012703.jpg



パイプ洗浄剤を、コケで緑に染まった、ディフューザーのストーンにひと垂らし。



このやり方のポイントは、白くなるまで待つんじゃなくて、1分くらいでキレイに洗い流してしまうということ。


容器に漬け置きだと、中にパイプ洗浄剤が入ってしまい、洗い流すのが非常におっくう・・・と、考えてみました。この方法でも、長い時間置いとくと、ストーンから中に染み込んでしまうようです。



この薬品は、一般的な漂白剤に比べて、大変強力です。水で洗い流してしばらく置いとくだけで、結構、二酸化炭素の泡の出に影響ないくらい、みるみる白くなっていきます!コレは是非、試して頂きたいです!



やはり「時短」というのが、アクアのモチベーションの、モチ方に効いてきますね><






20111025-IMG_1005.jpg



しかし、色いろ手軽に出来るワザもありますが、フィルターのお掃除は割と重要なんでわ・・・



確かにコレが水槽の掃除の中で一番、おっくうかもと。写真は、スーパージェットフィルター1200EXです。コレはホント、その、最たるモノ。



洗濯ネットでろ材を小分けにしないと、付属の弱いネットだと中で引っかかって、破れて「ザ~」です><



ベランダに持っていくまでは、買ったのを後悔するひと時(爆笑





フツウの外部フィルターも、器具を取り外したりとか、メンドイですよね。



でも、考えてみてください。この中はサカナの「ユーエヌケーオー」で、ギッチギチなんですよ><



洗いすぎはバクテリアが減るからタブーと一般的には思われがちですが、洗わない理由には出来ません。汚物がそのままバクテリアに変化するわけではないのです。




ほっておくと、そら~わけのわからないコケや病気も出てくるというモノです。特に夏の暑さは、其れに拍車をかけるんでわないかと・・・




アクアリウムは、ナニを水槽に入れるべきかという考察がよくなされますが、ナニを一番に取り除くべきかを、もっと考えてもいいかと、未熟者は思います。




どんなに水量の大きな水槽でも、所詮は「水たまり」なんですから><







trackback: -- | コメント: -- | edit