私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

遅れてきた秋に、アキのこない水景を。 




先日、60センチその2に入れてあった、ブランチウッドを取り出しました。ど~してもオモシロくて、秋の来ない・・・あ~もうそんな季節か・・・


R0014253.jpg





じゃなくて、飽きのこない水景にはなりそうもない・・・というわけで、ウチに使わずにベランダに捨てられていた石を使って石組み水景にしようと思います。


この石は名づけて「ミャンマー石」・・・以前、海外旅行で採取してきた石です(うっそ♪でもハナシだと、ここいら辺の地域で取れるらしいです



R0014270.jpg


今年の世レコンに出した後、ホーンウッドを取り出した荒地をそのまま・・・と思いましたが、けっこうグロッソが浮いてしまってたので、全部引っこ抜いて、植え直しました。でもまたすぐ繁茂してくれるので・・・


後景のバリスネリアとクリプト、エキノムニャムニャはそのまま。




「NANKIソイル」は粒が硬いので、リセットしてもけっこう使い回しできそうな気がします。


R0014265.jpg


今回、ストロジンspを始めて使ったのですが、すごい根を張る水草なんですね。茎も太くて頑丈だし、しかも脇からこうやって葉をがんがん伸ばすので、すぐ横に繁茂してくれそう。最近のお気に入りです^^









R0014273.jpg


石を置きなおしただけの簡単水景リフォームです。ストロジンは石の際を覆うような感じで繁茂してくれれば。


後景は今になって、繁茂してきました><このバックで写真を撮りたかった・・・



今回はミャンマー石と魚はボララスを入れて、東南アジアの秋って感じにしたいですね^^

スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: 18 | edit

「アントラー」結果発表です! 




植栽編に行く前に・・・突然、ウチにもコレがとどきました。結果発表はまだ先になると思ってたんですが、通知はその前に来るみたいですね。昼頃届きましたが、彼女さんがウチに遊びに来るということで、どおせなら二人で拝みたいと、夜まで開けるのを待つことに・・・




R0014077.jpg


中身は新潟で開催されるパーティーの案内と、開催場所の宿のパンフレットが。宿泊するのも楽しそうですね。行きたいんですけどね~
















R0014079.jpg


今年はこんな感じです。皆さんのところにもきましたか?

思ったよりいい順位でした!今年も半分より上?あんまり詳しくない彼女が考えた構図で参戦した結果としては大満足です。というか、私が一人で作った水景より、良かったりして^^;


いや~今年も楽しかったです。また来年のアイデア、モチベーションを上げるため、これから二人でADAのギャラリーに行ってこようと思います。


彼女さんは市内の某ショップ(の店長さん)がお目当てのようですが^^;


※追記しました。






R0013635.jpg


これが今年の作品、題して「アントラー」です。鹿の角。からとりました。角っぽいですかね・・・


天野さんがタイトルと写真を観て、「ふっ」と鼻で笑ってくれたのなら、してやったりなんですが^^;

trackback: -- | コメント: 18 | edit

「アントラー」その後の水景です。 



こちらは先日、世レコンに出品しました「アントラー」。ホーンウッドを取り除いたら、このような荒地に・・・

でもこの荒地を今回はそのまま流用します。ではいってみましょう!






R0013886.jpg

はがれてしまったテネルスを取り出します。でもランナーがつぎつぎと><これはきりがない!ということで・・・





R0013888.jpg


浮いてしまっている根っこの上から新しい「NANKIソイル」を振りかけて、覆います。

このソイル、いいです。こうやってレイアウトを作りかえる時はフツウだと汚泥で大変なことになってしまいそうですが、粒が硬いので再利用しやすいです。石組みのレイアウトなんかは重い石で粒がつぶれてしまいそうですが、こちらはいじってもすぐ水が透き通ります。レイアウトを試行錯誤するときの強い味方になってくれます!






R0013889.jpg


こちらは「沈めの儀」を執り行っていたブランチウッドです。60センチに映える大きめの株を選んでみました。

幻想的な水景ができそうです。







R0013890.jpg


今回追加で配殖する水草。エキノドルス・・・むにゃむにゃと(←やっぱり忘れたの><)話題のストロジンです。

ブランチウッドとの相性が良さそう。これでカワイイ水景を目指します^^

R0013891.jpg

エキノは根っこが大きいので、グリップタイプの大きめのピンセットでもなかなか植え込むことができませんでした・・・すぐ浮いてきてしまう!悩んだ末、指で「ずぼっ」と・・・よしっ^^;


それでも、浮いてきてしまう・・・また悩んだ末、葉っぱを全部切ってしまいました><よ、よし・・・




R0013892.jpg


こんな感じになりました。また水草が繁茂すれば深みがでて、面白い水景ができそうです!
trackback: -- | コメント: 20 | edit

「アントラー」撮影&オンライン応募! 




さて、もう済ませたのですが、世レコンレイアウト「アントラー」の撮影と応募の模様です。


前日に最後のトリミングを終え、水換え。そして「ゲットクリーン」でガラス面をキレイにし、そのまま水槽に投入!


撮影当日、水面に浮いている枯葉を掬います。こういったエビ用の小さい網は日常の管理にもいいです。使いやすいし、掃除も簡単でおすすめです。大きいフツウの網だと、網に細かい草がからまってなかなかキレイにできません><


そして、アントラーの再合体!なんとかはまりました。でも、モス巻き巻きしてなかったので、違和感バリバリです・・・


R0013746.jpg


器具を外して、黒のダンパネをセット。こうやって置くと、バックに張らなくても、いい感じで黒バックになってくれました。前面の上の部分もカットしてくれます。


しか~し!ここでトラブル発生。ダンパネに付いていた埃が水槽に落ちてしまい、大油膜発生><急いで、水面の油膜をプロホースの片割れで吸い吸い・・・未熟さ全開><も~・・・


カメラと三脚を用意。広角ぎみだと、流木が小さく写ってしまうので、水槽の枠をギリギリ収めて望遠ぎみで写すようにセット。


カメラはリコーGX200。設定は大体オートで、ISOはAUTOHIで200。露出だけ-1.7でなんとなく見た目に近い写真を選びました。では未熟さ全壊の写真をどおぞ><











R0013635.jpg


これはちょっと引き気味で撮った写真ですね。でも今回も彼女さんの協力で撮影しました。感謝カンシャです。


彼女さんが水槽の右に陣取り、そのスタンド能力?でラスボラを泳がせてくれました。「ひゅ~」と彼女が手をかざすと、ラスボラがよ~いどん!と一線に泳ぎます。


やってると楽しくなってきます^^;ラスボラをてなづけるオンナ・・・


送った写真は、一匹のヤマトを追いかけるラスボラ達という画になりました。なかなか面白いんでないかい?


さて写真も撮れたので、オンライン応募といくかい、とここでも未熟さ全壊の私・・・


ADAのHPから住所やら名前やらを入力、そして画像データを送る段になって・・・






R0013746.jpg


この写真を送ってしまいました><慌てて本チャンの画像を送りなおし、クレジット決済しました。数時間後「問題なし」とのメールがADAから・・・

備考の欄に「彼女に考えてもらったホーンウッドの構図で・・・」と書いておいたんですが、大丈夫でしょうか・・・?ADAのヒトが「あ~間違えたんだな」とわかってくれればいいんですが><


もしこの画像が掲載されたら、皆さん大笑いしてやってください^^;



そしてこの水景の監督、彼女から最後にきつーい感想・・・


「後ろが全然生え揃ってない。気にイラネー!」とのコメント・・・


「も~しわけございません・・・」と高島弟の物まねでお茶を濁す私・・・今年は去年にまして未熟さが光る作品です><


今年は2200くらいまでいったらしいですね。世レコン万歳!私が応募した時点では1500人くらいでした。


一番最後宣言もしていたのですが、予想以上でしたね。今後の行方も楽しみです。




送るのを躊躇している方、こんな未熟ものでも出してるんです。是非、来年はご検討ください。


そして、写真集に意味不明なライトの写真が載っていたら爆笑してやってください^^;いいネタになったと未熟ものが喜びます♪

trackback: -- | コメント: 32 | edit

新レイアウト「アントラー」危機一髪! 




こちらは世レコン応募予定の60センチレイアウト「アントラー」です。なんとか前景はカタチになってきましたが、ここまでくるのは順調ではなかったです。


それというのも、完成を急ぐあまり、余計な事をした為です・・・急いだって水景は完成しないばかりか、余計に完成から遠のくということを、今回学びました><


まずCO2の過多です・・・ある日帰宅すると、ラスボラが鼻上げしてまして、ヤマトもひっくり返っているものも!あわててCO2を止め、水を替えましたが、なんとか☆になる前に帰ってこれて良かったです・・・


肥料もくれすぎてコケが!(NANKIソイルはしばらくは入れなくてもいいようです。ただ焦るあまり・・・)ヤマトを20匹ほど入れましたが、全然働かず、「なぜじゃ?」と思ってましたが、そらそうですよね・・・


やはりバランスというものが大事なようです。光、CO2、肥料、生体の数等のバランスがとられてないと、育つものも育たない。CO2が多すぎると、バクテリアもダメージを受けるので、これも水草にはマイナスです。


肥料を栄養に変換するのにもバクテリアは重要みたいです。NHKの「サイエンスゼロ」という番組で、植物と微生物の共生関係を取り上げてましたが、非常に興味深かったです。水草にもそういう作用が働いてると思います。


まぁ、現在はコケも落ち着いて、水換えもせず順調です。さすが「NANKIソイル」!世レコンに出すのでなければ、焦らず、楽しんで出来るのですが・・・アマゾニアよりは少し、成長はゆっくりな感じです。


でも一ヶ月半ほどでグロッソやテネルス、後景や流木の際のクリプトもここまで成長しました。これなら成長の速度も不満はないでしょう?どんな種類の草でもいけそうなソイルです。これから、キューバやコブラなんかの難度が高い水草も試してみたいです!



さあ、締め切りまでいよいよ大詰め。撮影が終わって応募された方、お疲れ様です。今年、私は世界最後の応募者を目指します!(←回線不良でアウチか?><
trackback: -- | コメント: 21 | edit