FC2ブログ

私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

新レイアウト「アントラー」は合体メカ! 




こちらは世界水草レイアウトコンテストに出品予定、題して「アントラー」です。構図を決めて、水草も植栽したあとで、メンテが凄くしづらい、という事に気づいたおバカな私・・・


その前に「世界未熟さコンテスト」にでも出てろ><

しづらいというか、無理でした><ガラス面の掃除だけじゃなく、前景のトリミングなんか・・・ホーンウッドが手に当たって大騒ぎ・・・これは無理だったのか?いえいえ最後のとっておきの方法が・・・










R0013302.jpg



じゃ~ん!この構図はこうやって分離できるんです!これでトリミングもメンテも楽にできます♪



・・・て、口あんぐりですか・・・^^;それともangry?そんなん邪道じゃ~と怒られそうですが><


そんなこんなで、NANKIソイルTYPE1で立ち上げてから一ヶ月経過しました。水は張った直後から、抜群の透明度で、一ヶ月目にしてやっとコケが出始めました。


ネイチャーアクアギャラリーNANKIのご主人mitsudaさん曰く、水換えは一ヶ月に一度、時間があるときでいいとのこと。


水換えはアクア趣味の最大のネックだと思います。めんどくさいヒト、出張で家を空けるヒト、二階にバケツを持って往復するヒト・・・そんなヒト達に少しでも楽に、楽しめるようになればというのが、開発動機なんだそうです。

水草の成長の速度もいい感じです!(液肥も二ヶ月は入れないでいいとのこと)

う~ん素晴らしいですね。私はこの粒の硬さが好きです。後で、レイアウトをいじったりしても、潰れることが少ないし、長期に渡って使い回しできますんで。


今、ソイルを検討してる方、このソイルは候補のソイルの倍、値段しますか?そんなに値段が違わないならこのNANKIソイルがお勧めです。何倍も楽にできるし、長く使えてお得です^^


R0013300.jpg


こうやってやっとコケが出始めまして、水換えと、こやつらを投入・・・


R0013299.jpg


なんでもmitsdaさんは今、このヤマトヌマエビも入れなくて済むようなソイルを目指してるんだとか!


「アクアの常識がかわる」・・・凄い。mitsudaさん、これからもいいモノを作り続けてください!




trackback: -- | コメント: 14 | edit

新レイアウト「アントラー」の弱点。 




NANKIソイルTYPE1でたち上げてから二週間経過しました。今のところコケも見られず順調に推移しています。



・・・



しかし私は今頃になって、大変なことに気づいてしまいました・・・



これからはえてくるであろうガラス面のコケの掃除の事に><




R0013268.jpg


そう、このホーンウッドは背面に持たせかけているんです。このようにプロレイザーでは手も足もでません><




R0013270.jpg

そこでこの「プロレイザー改」の先っちょを分離!ここまで短く切っておいてから後悔する日々でしたが^^;


この入り組んだホーンウッドの流木組みでもなんとかいけそうです!いい方に転がってくれてよかった^^





R0013272.jpg



これは先日購入した私の初トロピカです!ヘアーグラスショート。


あ、初じゃなかった、ウォーターローンもトロピカのやつを買ったんですが、他の水槽に入れといたら根ごとヤマトに喰われました><全部・・・旨かったろ~?だってトロピカだもん^^;


もう世レコンまで、時間ないのでガンガン植えてやります!






R0013254.jpg


こちらはウィキペディアのウルトラ怪獣の項目。最近私はこちらのアントラーに興味しんしん^^;





ウルトラマン第7話で登場。かなり強い怪獣だったようで、スペシウム光線のきかない初めての相手だったとか。


やべ~じゃねっすか><でもそんな強敵にも弱点はあるようで・・・




R0013255.jpg


青い石をぶつけられて絶命・・・強いんだか弱いんだか^^;





R0013256.jpg


ウルトラマンは膨大な数のシリーズがありますが、ことあるごとに登場するようです・・・


まあなにしろ、しぶとい奴なんでしょうね^^;


しかし「青い石」ってのが気になる・・・もしやコレ?










R0013257.jpg



そうご存知「青龍石」!この尖った部分で絶命は必至。







あ、でもこれホムセンで売ってた、バッタモンだからダメか~><




trackback: -- | コメント: 14 | edit

新レイアウト「アントラー」あくる日。 



さて、今回は無事立ち上がったこのレイアウトの植栽の模様なんぞを。

これはクリプトですね~・・・


・・・


忘れました><お前はナニプトじゃ!あ、そういえば図鑑持ってたな。


でもアレ、魚もいっぱい載ってて、「ゴライアス タイガーフィッシュ」なんてみつけて、以来開くのが怖くて><


品種の名前を知らなくても、レイアウトは作れますよ!皆さん^^;



というわけでポットで買ってきたんですが、こうやって小さいピンセットを使うと、ウールを取り除くのに便利です。


R0013167.jpg


こうやって根の長い水草はADAのグリップタイプのピンセットが植えやすいです。


ちなみにこれは、彼女からのB-DAYのプレゼント^^(一緒にされました~><;



R0013174.jpg



ヘアーグラス(ショートじゃない)も植えようと、他の水槽に放り込んでおいたんですが、こんな感じでのびてました。


面白いので載せておきます^^;

どこに植えようかな?後ろだと面白くないですね。変なとこに植えてやる><



R0013176.jpg


ホーンウッドのアクで水が濁りましたが


R0013175.jpg


これはADAのスーパージェットES600に付いている無煙炭。今使ってるES600EXにこれを入れましたら・・・


R0013185.jpg


カキーンと水が透き通りました~^^


でもこのNANKIオリジナルソイならほっといても、こうなったかも?


ろ材を入れるスペースがあまってたので入れてみました^^でもこの透明度は凄いの一言です。水質検査も他のブロガーの方がずいぶんされてるようなので、あえて私は試みません。彼女さんのエビ、無ろ過ボトリウムでもその実力は証明してますんで。

液肥も二ヶ月は入れないでいいんですってよ~奥さん(←なにそのキャラ^^;



全景はグロッソと他の水草を混ぜてみようかと。


R0013183.jpg


今月号のAJです。今回は文章が多く、内容もこい~です。特にNAの自然感を目指す方にも必見だと思います。


「大自然に見る多様な植物の階層構造」


「下草は景観全体の印象を左右する」


表現に変化をつけるのが重要とのこと。そうですね~公園や街路樹の根元を見ても、どれ一つ同じ種類の草は生えてませんよね。グロッソだけ植えて「う~ん・・・なんかな~」と思ってた私にもぴき~んときました。とにかく混ぜる!これにつきるんじゃないかと。(←どうかなと^^;


NAは構図だけにあらず。今月のAJを見て思ったしだいです。



あと、「カメラを持ってでかけよう。自然観を養うためのポイントマップ」というコーナーも。







彼女「こういうの、興味あるんじゃない?」



私「こ、これは~!」



ネイチャンが私にくれた、すんごいネイチャーなモノとは!?次回に続く~><


trackback: -- | コメント: 12 | edit

新レイアウト「アントラー」始動! 





さていい加減、動き出さなくては・・・ということで今回は新レイアウトの立ち上げの模様を。



まず古いソイルを袋に移して出します。


R0013084.jpg


台所から水を持ってきて、綺麗キレイに・・・



この水槽はフレームレスなので、ちょっとぶつけると、すぐだめになりそう><



こうやって水を入れては水槽をスポンジでごしごしして、



R0013091.jpg



こうやってポンプで風呂場に捨てます。(テトラのフレーム水槽は一度、風呂場で手が滑って、思いっきり落としたことがあるんですが、なんともなかったです



それを繰り返しながら、ちょっと目を離してると・・・




R0013090.jpg



あっぶね!ふぅ、ぎりぎりセーフか・・・




R0013095.jpg




そんなこんなでキレイになりました。新品に戻った水槽は妄想をかきたてられます^^




R0013096.jpg


NANKIソイルに付属していたバクテリアと、ADAのクリアスーパーを振り掛けます。


R0013102.jpg


そんで「NANKI オリジナルソイル」をざ~と。パワーサンドなどの低床基材は敷かないでいこうと思います。



プロのショップでも案外敷いてないとこが多いんで・・・



一袋とちょっと使い、後ろにも盛土しました。置く行きに違いがでるか?




R0013159.jpg


んで彼女さんに考えてもらった構図を、ホーンウッドで再現します。確かこんなだったような・・・




R0013161.jpg


これは「ビニタイ」です。よく活着系の水草を、流木に巻きつけるのに使いますよね。


でも私はこれを使ってモスを流木に巻こうと思います!


大丈夫なのか?といわれそうですが、二週間くらいでくっつくはずです。フツウは木綿糸や、テグスで巻くのでしょうが、私はあの「糸結び」が苦手なんで^^;




R0013169.jpg




水を張り、フィルターも回しました。真新しいソイルの気泡はいつになっても癒されます^^


今回はNANKIソイルの性能を見たいので、他の水槽から水を持ってくることもせず、RO水も使わずに、フツウの水道水を使っての立ち上げです。


それでも、水を張った直後からこの水の透明度!これは今後が楽しみです^^


ちなみにこのレイアウトのタイトルの意味ですが、ウィキペディアではこんな事書いてました。




R0013171.jpg


そう。鹿の角ということですが、サッカーチームでもおなじみ(サッカー全然わかんないですが^^;


鹿島といえば茨城。北関東から世界へ向けての挑戦!なんておおげさですね><まぁ順位はこだわらず、楽しんでいきます^^





エゲレス、そんな作戦すんなよ!><




R0013170.jpg



これがウルトラ怪獣のほうです^^;「アント」とかけてるんでしょうか?


「電磁波光線」で「ひこうきを」吸い寄せてたべてしまうんだとか・・・




「ひこうき」がなにしろ好物なんでしょうね^^;

trackback: -- | コメント: 20 | edit

ネイチャン、で行こう!! 




こちらは先日60センチで、ホーンウッドを使って彼女が組んでくれた構図です。



こちらは皆さんにも好評で、私もこの限られた素材で、これ以上のモノはつくれませんでした。



すごいぞ彼女。なまじ端っこをかじった奴より、素人のほうが良かったりする・・・やはり感性がモノをいう世界水草レイアウトコンテスト。こうなったらこの案を使わせてもらいます!



やはり順位を気にせず世レコンを楽しむという姿勢は、こういう「共作」で挑むのもありかと?



なんといっても彼女に作ってもらった構図で参加なんて、こんなに面白いブログのネタはないじゃないですか><


ネイチャンアクアリウム。今、ダジャレの神が私の中に降臨した模様です><(←お大事にね^^;





先日、昔のAJを読む機会がありまして、その中の2004年の小野氏の「アマゾン憧憬」という、世レコン二位になった作品が、このホーンウッドの枝ぶりになんとなく似ていました。(構図は比較するのもおこがましい><

「凄いのできたど~」と思っても、以前に似た作品があったりして、辛いですよね><


まあ所詮、ヒトの考えることは似たり寄ったりです。でもそれを超える作品をつくるヒトが一流なんでしょうね><



そして魚に、人工の水景を自然と思い込ませてこその超一流!








ネイチャン、いや・・・ネイチャーアクアリウムの到達点でしょう!

trackback: -- | コメント: 18 | edit