私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

IAPLC2015水景の今 







渓石の新たなレイアウトへの活かし方を提案したかった作品




その後もボチボチ維持してます。最初はニューラージで、今はショートヘアグラスに




モスと沈水リシアが暴れまわってますが^^;まぁ、コレもネイチャーかなぁと・・・いつもの『合理化』です(爆笑




ネイチャーアクアリウムをはじめた当初から、どうやったら水の中で崩れないように土を盛れるのかというのが、私のテーマでした




土を盛るにも3年と、よく言いますが(また爆笑





自分なりのやり方を編み出し、世界コンテストに活かす事ができるように





色々やり方はあると思いますが、自分のは大胆な構図変更も可能です。重ったい親石を上部に組むことも





ユウキ流、エスオーアイ!ケーユーエフユー!です^^







スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

トリッキーな今年の作品 






さて、結果の散々だった今年の世界コンテストの作品



ですが、色々、変わったやり方を試せて良かった面も



写真のバックに繁茂した、ロターラ・ロトンジフォリア。コレ植えたんじゃないんです



使い古しの土から、勝手に生えてきました!枯れずに残ったかけらから、力強く蘇る水草




DSC02903_20151103094723c67.jpg



強力な照明の光で、横に這うロトンジ



ソレを石で押さえると、一本の茎から何本ものクローンが



いいやり方見つけた!と思いましたが、『取り木』という、昔からあるやり方みたいです



後景にビッシリと繁茂させ、面白いやり方が出来ました



自然から色々な事を学んだ、まさにネイチャーアクアリウムのモットーを体現できた作品




結果には、まっ・・・たく活かされなかったですが(爆笑



trackback: -- | コメント: -- | edit

90センチその2 甦れ水草 





コチラは現在の90センチその2



水槽上面にロターラ・ロトンジフォリアが



コレ、勝手に生えてきました^^;最初にチョロっと生えてきて、まぁそういう事もあるわなと放置してると、かなりの群生に・・・



ベランダの下に放置していたアクアソイルを使い回しでやってましたが、長い月日をかけ復活したようです







DSC02903.jpg




照明はADAアクアスカイ45センチ用を縦置きで4灯



その強い光でグレていた水草のポテンシャルを引き出したよう。やはり光が一番の水草育成の要素みたいです



こんなガラスの中の大自然の生き様を見せつけられたら、活かさない手はない!このままの位置でキレイに繁茂させようかと



有茎草は光が強いと底に垂れ、地面に根を張り横に繁茂しようとする。そして横に伸びた茎からまた自分のクローンを



自然界ではそうやって群生をつくるのだろう。佐渡の杉も、物凄い雪の重さに押し倒されながら、伏状更新と呼ばれるやり方で森をつくってきたのだ



まるで自然が、「この位置に置くがよい」と育成者に教えてくれているかのよう



水槽から学ぶ大自然。まったくネイチャーアクアリウムってのは、オクが深すぎるで!しかし~><



trackback: -- | コメント: -- | edit

進撃のGREEN 





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











この、NEWラージパールという水草






岩をも乗り越え、進撃する。Paint it Green!と、岩んばかりに






水槽際を伝い、隣の水槽まで侵食し、やがては部屋中を飲み込むのか・・・










そんな妄想を抱かせる程の成長ぶり^^;



trackback: -- | コメント: -- | edit

取り戻せ十本!90センチその2 渓石水景 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村














現在、制作中の90センチその2は、アクアデザインアマノの『渓石』でイワグミしています。








前回の水景はこんな感じ









今回はコレをベースに、デカイ渓石を親石でおっ立てて、ケレン味を狙おうかなと^^








前回の構図は、東京の有名ショップのエースで、2013年の世界コンテスト12位を獲得した若い士に「ボク、あの水景好きです」と仰って頂き、また、我がアジトのオヤジさんにもウケが良かった・・・









タイルのような使いづらいカタチの石を活かす、新たな水景の構図を提案できたらいいな~^^






trackback: -- | コメント: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。