FC2ブログ

私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

さてライト・・・ 




さてこちらは、60センチその1の龍王石の石組みです。グロッソを植えたのですが、育ちが悪い・・・


悪いどころか、白化して枯れてしまうモノも!龍王石をたくさん入れたため硬度が異様に上がりすぎたのかも・・・でもここまでは未経験・・・あの強健なグロッソが育たないで枯れてしまうなんて・・・


ひとつ思い当たる事は、この水槽を立ち上げる時に、龍王石キレイにするため、をパイプ洗浄剤につけていたこと。それが残ってたという事はないのですが、やはりこれってAqua jornalでも取り上げられていた「酸処理の功罪」というやつ?


やるにあたって、どのような薬品をつかうかでも違ってくるでしょうし、付けておく時間も関係してきそう。コレは何日か漬けちゃってたからな~やはり素人は手をださないほうがいい分野かも・・・キレイになるはなるんですが、どうせレイアウトを維持してるとコケるんだし・・・

まぁ苔に覆われる前の段階でコケてしまったと、ネタにはなるか・・・コケてもただでは起きません><


七コケ八起きだ!(←もういいって^^;




R0011735.jpg


水換えもマメにしますが、やはり連続的に効果を持続させるとなると、ソフナイザー導入?でもアレ意匠性もあってキレイでいいんですが、キレイに維持する自信もなく・・・

んで、手持ちのこの浄水器NA WATER RO KITに装着する、DI KITの中身をあけて、イオン交換樹脂をスプーンで少々・・・で、作ってみましたよ~


IMG_0110.jpg


手持ちのアクリルパイプの中にイオン交換樹脂を入れて、上下を綿でふさいでみました。それをエアポンプで・・・

あ~ダメダメ!上に空気が溜まるだけで、水が循環しないじゃんかん><


やはり自作のセンスはない未熟者・・・だいじょうぶ、私にはダジャレがあるさ


・・・


ひとしきり泣いたあと、アジトにブツを注文・・・安売ネット通販のHPを見ながら、特約店に電話で注文するのが、マイアクアスタイル。チャーミングな私(←キッモ><







IMG_0111.jpg


「はい♪サテライト~」と未来デパートからご主人が取り寄せてくれました。いつもありがとうございます^^


「これを水槽にひっかけると、いくらでもサカナが飼えるようになるんだよ。ふ~ふふ~♪」と言ったかどうかはさておき、これにイオン交換樹脂を入れて、マイソフナイザーにしようという仕様。


外掛けフィルターにしようかと思いましたが、水の流量が強いので、中身がどんどん水槽に流れていきそう・・・これなら、流量も調節できるので、この使用法にぴったりかなと。


使用感は・・・なかなかグーです!目に見えて、グロッソの育ちが違ってきました。とりあえず枯れてしまう株はなくなりました。


オープンスタイルの水槽なら、水草をストックするのにもいいですよ!リシアも本水槽に流れていかないようになってます。



名づけて、「サテナイザー」!いや「ソフライト」?^^;







IMG_0128.jpg


でもこの仕様はしようがない・・・上置きライトと、メタルジェットパイプ45センチ用の関係で、このような仕様に・・・


え~ん><ドラ○モ~ンやっぱ、ソフナイザーほし~!





IMG_0216.jpg


さてこちらのライトは、先日、知人のツテでゲットしたブツ・・・


これブログで使ってるヒト見たことない・・・というわけで引っ張らせていただきます^^;




スベってもコケても、無理やり繋げて、引っ張って膨らませる!それが「ネイチャーダジャリウム」!
















あ、スベった・・・><;

trackback: -- | コメント: 10 | edit

新龍王石レイアウト、立て直し。 




さて、もう一つの石組みの水景を解体して、龍王石をもってきました。今回は60センチという大きさでどこまで、迫力を出せるかに挑戦したいと思います。


前回、ADAのギャラリーに行って衝撃を受けた、盛り土のやり方も試してみたかったので。。


これは、石を組むとき、キッチンからシャワーで水を振りかけながら、ソイルの間の空気を抜いて、締めるギャラリー流のやり方。確かにこれだと、石を立てて水を張ったとき「ゴテッ」と倒れにくいやり方だと思います。


むむ・・・この方法、いいかも。石の感触を確かめながら、ソイルを盛っていきましたが、「ぎゅっ」となって、石が安定しています。この状態で水を慎重に張れば、この状態を保持できそう。



例によって、石の下には小さい山谷石を咬ませながら。



R0014284.jpg


これは効果あるのか、ないのか・・・


水槽の背面を叩くと、空気が抜けやすい・・・らしいです^^;もう真似できるモノはなんでもマネしてやります!


「もしも~し」と調子に乗ってごんごん叩いてたら、ソイルがパラパラと・・・はう><



R0014289.jpg


けっこう両端に盛ったつもり。てか、石入れすぎですかね^^;


でも石組みは迫力!60センチで大型水槽みたいに迫力を出すには、やりすぎくらいが丁度いいかな?と・・・



手持ちの竜王石をありったけ、使いました。


R0014287.jpg


盛り土で埋まった石をうにょにょっと、引っ張りあげます。埋まると小さくなりますからね~


R0014292.jpg

さて植栽です。今回は時間のかかるキューバは断念・・・一度、安定して繁茂させられる水槽で増やしてから、またキューバの斜面を目差したいと思います。


アホみたいに慎重に水を注入。


そして解体した「レッドビーヒルズ」から、フツウのグロッソと佗び草のグロッソを持ってきました。


雑な植栽・・・佗び草の饅頭でソイルが崩れるのを防ごうという作戦。しかしそう上手くは行かないんだろうな・・・


なんといっても石の組み方が雑ですね><



R0014296.jpg


前から見るとこんな感じ。前庭30センチでどこまで置く行きを表現できるか・・・


45センチくらいあると、確かに表現に幅が出そう。15センチの差は小さな水景ではデカイですよね。




R0014293.jpg


ここまで龍王石を入れると、硬度が上がって、成長に影響しそう・・・



龍王の加護があらんことを。さ~根が張るまで、水換えがおおごとですね><崩れてこないように、慎重にやらないと・・・


あ、このNANKIソイルなら、水替え頻度も少なくていいので、少しは楽にいけるかな?



trackback: -- | コメント: 12 | edit

新龍王石レイアウト、解体>< 

R0014013.jpg


さて植栽を終えるも、改めて見れば見るほど、この構図・・・つまらん><チェッ


石が足りない・・・そうこうしてるうちに、キューバに茶コケが増えてきて、遂には覆われてしまいました・・・


とりあえず、この右隣の90センチの前景に植えなおしました。


この水槽のフィルターのろ材は、セット時に丸洗いしたので、ろ過が効いてないのも大きかったのでしょう。


仕方ない、ここはひとつ名誉ある撤退?でレイアウトも立て直しです!(はえ~><


R0014277.jpg



そしてそのお隣の「レッドビーヒルズ」も解体。


エビは取り出してあったので、こちらから、龍王石を持ってきて、さらなる迫力の石組みを目差します!









R0010965.jpg

                           『夏原(げばら)』


去年、世レコンに出品した作品です。キューバで夏の平原をイメージしてみました。でもここまで繁茂させるのは大変でしたね~佗び草とフツウのポットのやつを植えまくりました。ソイルはアマゾニア、照明は蛍光灯55W×2のモノを使いました。

こうやってキューバ単殖で作るのは、キレイですが非常にコストパフォーマンスが悪い・・・しかも完成まで時間がかかるが、寿命も短い・・・すぐグレてきて、穴が開いたとこも・・・

やはりキューバはピンポイントで前景に使うか、最近のネイチャーアクアのやり方で後景に使い、遠近感を狙うのがいいかも?


でもまたいつの日か、キューバの革命を再び!

trackback: -- | コメント: 12 | edit

新龍王石レイアウト、植栽。 




さて、植栽編いこうかなと思ったら、世レコン通知と、ギャラリー訪問がありましたので、やっと続きです・・・


今回のレイアウトを上から見るとこんな感じ。う~ん、石が足りなかったか、私のセンスが足りなかったか・・・


前回の石組み「レッドビーヒルズ」のように、中央に盛り土を施したスタイルで。「一群配石」というやつ?



ではいってみましょう!



R0014047.jpg


侘び草キューバと、ポットのものを用意。今回はこの難しいとされる、キューバパールでいこうと思います。


私も前に一度、成功してるんですが、毎回うまくいくとは限らない・・・まぁそこらへんの道のりも楽しんでいこうかなと。


今回はこの侘び草に一工夫してみます。



R0014048.jpg

針金も切れるという、丈夫なステンレスのはさみを用意。


R0014050.jpg


ちょ・・・まさか・・・いっちゃうんですか?^^;



R0014055.jpg


はい、もうざっくりと><

こうやって切って植えて、周りのソイルと接触する面積を増やす・・・そうすれば、繁茂しやすくなるんじゃないかという作戦です(AJでも、切って植えるのはいいと書いてありましたんで


この侘び草にも小石が入ってるんですね。こうやって切るときは、捨ててもいいような、はさみでやるほうがいいでしょう。でもフツウのヒャッキンのだと、切れ味がないから厳しいかも?


この見た目なんか、カントリーマウムみたいで美味しそうですね^^;


R0014056.jpg


でもさらに切る!これでかなり石の間に置きやすくなりました。


しかし私は、この後、さらに切って8等分してしまいました・・・(ピザじゃねっつうの><


これはやりすぎです。逆に侘び草のベースから、キューバが剥がれて、成長しなくなる可能性大・・・



R0014057.jpg


気を取り直して、植えていきます。指で押し込むように。しかし、この後、例によって紆余曲折が待ってました・・・はい、期待は裏切りません^^;


キューバの革命は起こせるのか・・・

trackback: -- | コメント: 12 | edit

立ち上げろ一本! 




と、無駄にチカラの入った党名・・・じゃなかった題名で恐縮ですが、今回また新たにレイアウトを一本、立ち上げたいと思います。水槽乱立状態・・・


まずこのテトラのRG-60をおもむろにひっくり返してみました。



・・・



「そんな・・・マニフェスと違う・・・」


「あぁ、違うよ。ウチはアジェンだ!そんなのと一緒にしないでくれ」



真似フェスでも夏フェスでも、ジャンアレジでもなんでもいいです。ただ、出来ないことは言わないでください。


・・・




・・・暑さでちょっと意識が飛んでました・・・






こうやって逆に向けると、アルミの枠付き水槽みたいになって「シャレオツ」かな?と。後ろにきたアールが、遠近感をかもし出してくれそうな予感。




この底床に、NANKIソイルに付属しているバクテリア。ゲットクリーン、ADAのクリアスーパー、ぺナックWを振り掛けました。


そして今回ももちろん、NANKIソイルTYPE1を使います。ある程度使わせてもらい、かなり楽ができるソイルだと確信したので、いづれ全ての水槽をこのソイルにしていきたいと思います!



R0013996.jpg


これは東京巡りでゲットした龍王石です。けっこう質感がにてる、60センチに少し大きいかなというモノを選んできました。


R0013997.jpg


この石は珍しい虫食いが。これを活かせればまた違うんでしょうが、たぶん盛り土で見えなくなりそう・・・


これらの石はカタチはいいと思うんですが、裏返すと、のっぺらぼうなので、自然と置き方もきまってきそうです。



R0014002.jpg


こうか?



R0014006.jpg


こうじゃないのか?



R0014075.jpg



彼女作^^;





R0014013.jpg



なんだかんだでこんな感じに。盛り土も頑張ります!石の間に小さな石をかませて、お互いで支えあうように・・・


次回は植栽です。皆さんも気になるであろう、アノ水草に挑戦しますよ^^
trackback: -- | コメント: 6 | edit