私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

水草のセカイを広めるお店 






駒場東大前の駅から、迷路のような住宅街を抜けると




世界水草レイアウトコンテストで、上位常連の方が店長をされているお店が



2014年のハナシなのですが、せっかくなので記事にさせてもらおうかと



丁度、横浜出張をしてて、部屋の水槽を見にグンマーに帰る途中で



たまたま私しか客がいなく、店長さんと素敵な女性スタッフさんとで、じっくりお話しをさせていただくことが



その年のコンテストに出す作品のアドバイスをもらいました




IMG_2887-2.jpg




立ち上げて2か月くらいの状態



左右対称で、右と左の石の大きさがそろってるので、少し差をつけるといいとのアドバイスを頂いて







IMG_2941-2.jpg



こんな感じに



石はお気に入りなので、両方つかいたい



そこで石を左に集め重くし、急斜面で流れや迫力を狙いました



小さい石で遠近感も。一点消失法のイワグミで凸構図の印象を残してみました




結果は憧れの100位以内!アドバイスのおかげです。店長さんありがとうございました^^




gazou19.jpg




こちらの代表の方が最近、NHKのEテレで番組の講師をされています



コンテストは、はっきり言ってやるのは大変で、せまいセカイですが



本来、水草のアクアリウムは気楽に維持できて、インテリアや癒しになるものです



その魅力を世に広めるべく活動されてるこのお店のみなさん




もっと裾野が広がり、メジャーな趣味になることを願っています



スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

世界水草レイコン2014 出品2か月前・・ 







今年のはじめ、寒い季節に構図を考察する未熟者



この写真をなじみの特約店に見てもらい、アドバイスをもらいました



左右の石の大きさが同じくらいなので、差を出すとメリハリが出ると



そして、グンマーのエース、私の刈りスマに相談すると、「凸構図が一番ムズカシイ」、と・・・



なんとなく収まりがいいとこの構図にしてみましたが、収まりがいいというのは、迫力にかけるということでもあり



デッドが迫っていましたが、この時点で構図から変更するという賭けに出た未熟者。そういう事も踏まえて、チョット変わった「ケーユーエフユー」で盛り土していました



「コレが見せたいんだっていうポイントを、一つでも入れるといい」と、あるレイコンのマイスターは言った



私はこの石のカッコよさを世界の方達に見てもらいたい。定番の構図を崩すのにも挑戦してみるか



そして、一点消失法のイワグミと、得意の写真の構図、『昼下がりナナメ45度』を組み合わせた今年の作品は例年通り、ギリギリで出品できたのでした^^;


trackback: -- | コメント: -- | edit

2014世界水草レイアウトコンテストの作品を公開します 






タイトル 『コマクサの薗へ』


サイズ 120×45×45センチ


構図素材 龍王石


低床 ニューアマゾニア アクアグラベル ブライトサンド


照明 アクアスカイ451×4 1日10時間


水草 ニューラージパール ハイドロコタイル


生体 ラスボラヘンゲリー ヤマトヌマエビ サイアミーズフライングフォックス



以前登った、白根山にあるコマクサの自生地をモチーフに



浸食された岩肌の合間に、可憐に咲いたコマクサの花をヘンゲリーで表現した



アドバイスを頂いた方々



そして製作〜撮影まで持ちこたえてくれた、今はなき120水槽に感謝し、この作品を捧げます



順位 79位

trackback: -- | コメント: -- | edit

さらば120センチ ありがとう。そして・・・ありがとう! 


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






5枚にさばかれた120センチ・・・



先日、夜中に突然、水槽小屋から「ブシャー!!」という轟音が



飛び起きて見に行くと、シリコンが剥がれそこから物凄い勢いで水が吹き出して・・・



サカナを救うため掬うのが精一杯。ほとんどの水が抜けて部屋が水浸しに



中古で貰ってきた水槽で、ウチにきて3年目。その前はどれくらい使用されたかは知りませんが、おそらく耐用年数はすぎていました。



とても重く一人では運べないので、カッターでシリコンを切り解体(意外と簡単です



やはり水槽は年数で買い換えるのが正しいと心底思いました・・・でもこの水槽は素晴らしい経験をさせてもらった。今回はそのヒストリーなんぞを




2012コンテスト02



2012年の世界水草レイアウトコンテストの作品。結果は500番台でした。ただこの石は素晴らしかったので、ソレを活かすべく翌年リベンジ










DSC05245_201408162002045d9.jpg



2013年はコチラの方のアドバイスをもらいながら製作



ホントに近くにこんな凄い方が居てくれて、自分のアジトもしかり、アクアの神様に感謝



うまくまとめることが出来て順位も215位と好結果



そして同じ石とこの水槽で今年、遂に上位をもらいました。来年はもう一つの120センチその2で、さらなるランクアップといきたいですね!



水槽やってるとこういう災難はつきもの。逆に今まで漏水がなかったのが不思議



まだまだいろんな事があるんだろうな~でも、私はこの趣味で行くと覚悟を決めた



めげずにガンガン行きますよ!楽しくたのしく♪

trackback: -- | コメント: -- | edit

水槽小屋のヒストリー 2012 


にほんブログ村 観賞魚ブログ 初心者アクアリストへ







コチラは水槽バカ部屋の2012年頃の様子



最近は、水槽の数もこの頃より多いので、正直手が回りません><



自分なりにのケーユーエフユーで、なるべく短時間でメンテ出来るように



水換えするだけなら、20分くらいですね。キッチンから浄水器「NA WATER」で注水。排水は直接ベランダに。



その間に他の水槽のコケ掃除。でも相変わらず、オーバーフロー事故はなくなりません^^;



永遠の初心者です(爆笑

trackback: -- | コメント: -- | edit