私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

水景画の伝道師 

IMG_1640.jpg
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
trackback: -- | コメント: -- | edit

キラ☆キラした贈りモノ♪ 




さて、今日もウチに注文していた品が届きましたよ~^^






DSC00631.jpg


いつもお世話になってます、鹿児島のネイチャーアクアギャラリーNANKIです!


ナニを注文したかというと・・・







DSC00641.jpg



じゃじゃ~ん!コレです。ご主人の満田さんが、かねてより開発しておられた新ろ材。

沢山の種類のバクテリアが添加されていて、好気性だけじゃなく、嫌気性のバクテリアも入ってるそうです。


嫌気性のバクテリアというのは、私も詳しくないのであまり分からないのですが、よく、海水のナチュラルシステム、底砂を厚く敷いてソコに嫌気性バクテリアを湧かせる濾過方式がありますね。


ソレのナニがいいかというと、嫌気濾過というのは、あの水換えでしか除去できないとされる、硝酸塩を濾過して、水換え頻度を減らす効果が望めます。

キラキラ水、名付けて「キラキラウォーター」もオマケで!コレは種水ですね。水槽の水が、一層キラキラになりそう^^



色々、工夫されてますね~やはりアクア趣味を広めるには、煩わしい水換えを減らしたいという想いなんでしょうか。この趣味は入口で挫折される方も多いと思います。是非、満田さんの手塩にかけたNANKI GOODSで、アクアを楽に楽しむ方が増える事を願ってます。


私もコレを、新水槽の立ち上げに使おうと注文させて頂きました。今回はアレです。アレゾニアです・・・(←アレね><



「ガラスパイプも汚れにくい」というこの強力なろ材で、早期に立ち上がる事を期待して!




DSC00644.jpg


そして、満田さんは今回も嬉しいオマケを・・・!


こちらは、満田さんもお気に入りのバームクーヘン。美味しく頂きました^^いや~お心遣いも、いつも感謝です(泣


先日、お電話させて頂き、またコンテストの作品も見て頂いて、感想やレクチャーも頂きました。

満田さんの今年の名付けて「宇宙水景」も見させてもらいました。「ぶっ飛び~!」と思わず叫んでしまいましたよ!宮沢りえバリに(←古っ^^;


まさに宇宙まで飛んでいってしまった水景。コンテストの大御所が、遊びゴコロにあふれた作品を率先して創作されると、こちらもあまり規制概念にとらわれずに、安心して自由に創作出来るかと。よ~し自分も!という方も増えるのでは?




先日、アジトでお仲間と、コンテスト作品を見せあったんですが、開口一番「お!いいじゃん!」という嬉しい感想が!オヤジさんはお世辞はあまり言わないんで、コレは間違って上位も・・・?ぶはっ><ないない^^;


な~んて妄想が膨らみます。ところで、先日何気に、記事数が200を突破しました~パチパチ♪

継続はなんとやら。コンテストも「上位獲るぞ~」という意気込みよりか、地道に続けて「あ、とれちゃった♪」っていうモノなのかも知れませんね・・・?


何はともあれ、細く長くで、何事も続けたいモノですね~今回の贈り物は勝手に「祝200記事突破」のお祝いと考えさせて貰いますね満田さん^^



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


これからも挑戦し続けましょう!そしていつの日か日本にグランプリを・・・!!
trackback: -- | コメント: 20 | edit

過ぎ行く2010年に、彼女水景を総括します! 




こちらは彼女さんがほぼ一人で製作した水景。Do!aqua miniSでレッドビーを飼育してもらいました。

製作期間は6ヶ月程で、底床は「NANKI ソイルTYPE1」、CO2は彼女が自分で、他のブロガーの方のやり方を参考にして、イースト菌発酵式で行っていました。

照明システムも自作。学生時代に使っていた27Wデスクライトの本体部分を、彼女さんのお父上が製作した「miniS用 ちゃぶ台キャビネット」の下に滑り込ませ、マイソーラーミニ仕様に。これはアイデア賞モノ!?見栄えもニスをキレイに塗って「和」な感じでグーです^^


フィルターは、水作のニュースペースパワーフィットS。これも彼女が自分でみっけてきたモノ。濾過能力は一見、高くなさそうですが、エビは水を汚しにくく、また、NANKIソイルの水質浄化効果で私は十分と判断しました。シャワーパイプの先に付属のディフューザ-を付け、24時間エアレーション、CO2添加という仕様。


実際、コレで維持していて濾過がおいつかない、という事はなかったようです。この左側のミリオフィラムの影に設置しています。つまり水中フィルターも水草の植栽によって、目立たなくでき、外部フィルターよりも見栄えをよくできるやり方もできるんだ、と私は思いました。


今年のアタマに、Do!aquaの佗び草用ライト、ブランチで佗び草と、プラントグラスオーバル27で、無濾過、無加温でレッドビー9匹で飼育を始めました。最初、「餌をあげても全然食べない」と心配していた彼女でしたが、エビは一匹も落ちず。私もなぜ?と思いましたが、とりあえず生きているし、ソイルをホリホリしている様子で、恐らく微生物を食べているんだろうと。エアレーションがなかったのも原因かもしれません。

そして、このminiSで飼育を始め、奇跡が起こりました・・・


エビが二匹、飛び出しで落ちてしまい、がっかりしていた彼女でしたが、爆殖スイッチが!最終的には7匹が30数匹まで!あの暑かった夏でも、スポットファンと部屋の遮光で乗り切ってくれました。彼女さんの頑張りに感謝です^^(この飛び出しも「抱卵の舞」によるものじゃないかという彼女の推測。なるほど


これで、「NANKI ソイル」はエビの繁殖にも有効という事が証明されました。自称、Do!しろうとの彼女に私がしたアドバイスらしいことは・・・「あんまりエサくれないで」


未熟者の私がエビ飼育で掴んだコツ。色揚げとかは全然わかんないんですが、とにかく水を汚さないようにと。でもNANKIソイルでコケが出て、まいったということはこの水槽ではありませんでした。グロッソも二ヶ月あまりでここまで繁茂しましたし、液肥をいれないでいい二ヶ月が経過した後は、be Greenとbe Bright(リンが少ないかな?と添加)あとはADAのGREEN GAINのみです。水草の育成もバッチリ!という感想。


一週間、部屋をあけてもエビは一匹も落ちず。エビとこのNANKIソイルの組み合わせは、忙しい日常のなかでも、水草でエビが飼いたいという、現代人の救世主になるかもしれませんね。


でも先日、キッチンカウンターに置いてたためか、台所のナニかが水槽に混入し、エビが全滅・・・でも諦めないという彼女の姿勢に「成長したな~」と感慨に浸る私でした^^







というわけで、在りし日の水景をiphone4で動画を撮ってみました^^この水景名づけて・・・Do?しようかな?




「ワタシにDo?しろと?」・・・今年もお後がよろしいようで><



ではみなさん今年もコメントやリンク頂き、大変ありがとうございました!よいお年を^^
trackback: -- | コメント: 26 | edit

ガラスも水もピカピカに! ゲットクリーン! 



こちらは、「ネイチャーアクアギャラリーNANKI」で発売されてます、ガラス研磨剤「ゲットクリーン」

こちらのアイテムは、水面近くのあの気になる水垢を、スポンジにつけて擦るだけで、綺麗にしてくれます。

そしてコレのすごいところは、研磨剤の役割だけでなく、水槽に入れるだけで水がピカピカになる、「水質調整剤」も兼ねている事でしょう!(どんな成分なんでしょう!?



ご主人のmituda氏が、ブログで使用してるのを見て、使ってみたいと今回、ソイルと一緒に注文させていただきました。


驚きの使用感です・・・!



R0012768.jpg



非常にキメの細かい粒子で出来てます。自然の素材ということで、刑事ばりに「ぺロッ」と舐めてみましたが^^;

無味無臭でした。こうやってコップに入れて、水に溶いてスポンジにつけて使います。


ちなみに写真の量でウチ中の水槽を磨くことができたので、水槽一本ならほんのちょっとでいいです。

一つ注文しとけば、だいぶ長く使えてお得だと思います。




R0012766.jpg



そちらのお宅もこんな感じでしょうか?このプレコ幹事長がいくら大物でも(5センチ程、デカイです)


「政治とカネ」じゃなかった^^;


「水槽とアカ」の問題はどうにもならない感じで・・・



R0012767.jpg


それではテープで目安をつけて、磨いてみましょう!



R0012773.jpg


ばご~ん!私の手から煙が~これぞゲットクリーンの醍醐味、煙幕です^^

非常に細かい粒子なので、瞬く間に水槽に溶けていきます。やってると楽しくなってきます!



R0012806.jpg


左が未使用、右が磨いた部分です。ほんとにすっきり、透き通って見違えました^^


R0012820.jpg


仕上げは水槽の水で指で擦れば、跡も楽に流せます。



R0012810.jpg


水槽はこうして白く濁りますが、次の日にはピカピカに澄んでしまうんです!


でもこの煙幕、なかなかいい雰囲気ですね。私の遊び心に火がつきました^^











R0012819.jpg


う~ん、幻想的です^^木漏れ日みたいですね~これは毎回使う時の、楽しみになりそうです。









R0012884.jpg


その日の夜にはカキ~ンと水が輝いてました♪ガラスも水もピカピカに!これはいいアイテムだと思います。






・・・てことは



あれも綺麗になるか・・・?










R0012849.jpg



わかりますか?そう、浴室の鏡です。


この水垢を落とすのは、各ご家庭でも苦労されてると思いますが、これはこの用途にぴったりなんでは?





それでは・・・




ごしごし・・・






落ちました~♪




完全とまではいきませんでしたが、それほど強く擦らなくても、かなりクリアになりました!



あと、mituda氏いわく、「これを石鹸と一緒に使えば、肌がツルツルになるよ」とのこと!


どこまで万能なんですか><




こんなアイテム、大型ネット通販でもあつかってないのでは・・・?


なんだか、これアクアじゃなくて、「バス用品」として売ったほうが儲かるような気も・・・









レッツ、バスロマン♪(←じゃなくて、オトコのロマンじゃろが!><





追記です。以前の記事で、ナゾの白濁が止まらない(でもエビは絶好調)ほったらかしエビ水槽にこのアイテムを投与したところ・・・








R0012936.jpg


やはりピカピカです!mitudaさん、リスペクト!



trackback: -- | コメント: 20 | edit

インテリアからはじめるアクアの提案♪ 



こちらは彼女さんにあげた、ブランチとプラントグラスと侘び草です。エキノMIXは半年ほど経過してますが、調子はそこそこ。あと侘び草かれんを三個入れてますが、やはりこの寒い時期、水上だときっつい様子・・・


彼女さんは気にしてましたが、まあ私が押し付けた趣味なんだから気にすんな、と。


今回はこれらを使って、水中で飼育するスタイルを提案したいと思います!




R0012733.jpg


うん?なんですかこれは?


彼女「鹿の角。」

私「ぶはっ!なんで?」

モノホンの鹿の角です・・・う~んネイチャ~><





R0012735.jpg


ネイチャンなんでこんなん持ってるん?コレ、もろ「ホーンウッド」みたいじゃねっすか><いやただの「ホーン」か・・・えだっぷりが凄くネイチャー。


物凄く硬いです。これ凶器です。野生動物ってコワイんですね><


これもって帰るとき、電車で手に持って帰ったという、あんたもワイルドだす><(←何の使い手^^;


しかしこのアイテムが今回の企画に奇跡をもたらすのです・・・





R0012734.jpg




今回の目玉アイテム「NANKI オリジナルソイル」と付属のバクテリアをセットして、塩素中和剤もあらかじめ投入。


キッチンの蛇口から水を張ります。そ~っと侘び草に水を当ててソイルが舞わないように。


このソイルは硝酸塩濃度が一日で降下し、次の日に生体を入れられるというモノ。しかも粒が硬くて、長期維持ができる素晴らしいアイテムです。


このソイルの仕様を聞いて、このアクアスタイルが「ぴきーん」とアタマに浮かんだというわけです。



R0012736.jpg



水をプラントグラスに張ってからウンショ!と移動。けっこう水入るのねこれ。これはあんま水換えしなくても安定して飼育できるかもって・・・おい!



私「なまけ太郎が!お、重い・・・はやくどかして~><」



彼女「さっきネタになるかもって置いてたの、キミじゃん!(爆笑)」















R0012753.jpg



なんだかんだでこんな感じに。いい雰囲気ですね~無印良品のアロマディフューザーもいい感じ。女の子の部屋の香りがぷんぷんします><



そして、後ろに置いた鹿の角がガラスに写りこんで、流木水槽みたいに!アクアの神が舞い降りたのか・・・^^;



このブランチは75Wとかなりハイパワーです。(グリーングロウ604くらいの光量)これでCO2なしでも、有茎草はかなり育つでしょう。



このプラントグラスでウチから増えて持ってきた、レッドビーシュリンプを導入します。


フィルターなし、ヒーターなし、CO2なしの環境ですが、私はこのスタイルに一遍の可能性を見ました。


生体のためにとフィルターやブクブクなんかの「生命維持装置」をつけると、それは「飼育器具」になってしまいます。もちろんそれが悪いとは言いません。でもあまり興味のないヒトには「ふ~ん。それで?」となってしまいそう・・・



このガラスの器から、チューブ一本、電線一本でも出ていると、「熱帯魚趣味」じゃないヒトの目をひきつけるのは難しいのではないかと。


その点、このブランチは意匠性はもちろん、チカラが大きいので、光量不足も問題ないです。フツウのデスクスタンドだときっついかも?(ひとつだけ、タイマーで家にいないときでも、八時間にセットしてくれと伝えてあります)



そしてNANKI ソイルと侘び草の光合成による水質浄化効果、あとレッドビーは水を汚しにくいので、水が減ったら足し水だけでよさそう。最小限の器具による、インテリア性と管理のしやすさに特化した、私のアクアスタイルの提案です。


ビーシュリンプはもともと、冷たい川や沼にいる生体なので、ヒーターなしでも平気かな?と


部屋にこれがあって「綺麗な水草ですね」と近づいて見ると可愛らしいエビが。透き通った水と、水草とエビのコラボ。そんなインテリアとしての水槽にフツウのヒトは興味をもってくれるんじゃないかと。




R0012742.jpg



袋につめたレッドビーです。「明日になれば水質が安定するから、このかどっちょを切って、エビを放してくれ」と伝えて帰りました。




経過は順調とのこと。Mサイズのビーに彼女も激萌え!







R0012757.jpg



これは以前、侘び草に興味があるとのことで、あげたAJなんですが・・・


付箋がついてますね・・・






R0012759.jpg



お~!なんか勉強してるみたいです^^



帰るときに、この塩素中和剤はこう、カリウムやエサはこんぐらいとアドバイスしましたら・・・









R0012760.jpg



やっぱり付箋をつけてました^^;



アクアの素晴らしい世界にようこそ♪頑張るんだび~^^



私のブログの設定で、鍵コメの表示を「表示しない」になっているのに先日、気づきまして、ずいぶん前にコメントやアドバイスを頂いていたのに、スルーしてしまい大変申し訳ありませんでした><未熟さを後悔・・・

よろしければ、今後も読んでいただければ幸いです^^;

trackback: -- | コメント: 23 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。