FC2ブログ

私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)

私の水草を公開します。(I expose the water plants.)

取り戻せ十本!90センチその1 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村































コチラは我が家に最初に設置された90センチ水槽。何年か同じ構図で維持したあと、ついに作り替えです!








今回は『ケーユーエフユー』そう(←そうて^^;)、工夫で、変わった作り方を試しています。










自作の水草の寄植えを沢山使って、植えないスタイルで。それにまた自作の『モジュール』で底上げし、縦に積み上げしようと。構図もカッコよく、飽きたら、作り替え自由!









うまくいくかな~><









名づけて『LEGO水景』です!










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






参加させて頂いてます^^いつも応援してくださる方々、感謝です♪



trackback: -- | コメント: -- | edit

サマー・ヴォーズ。 




コチラはウチの水槽の中でも、最古参の90センチ水景。


5年くらい長期維持しています。底床はNANKIソイルですが、潰れもなく絶好調です!




シダ系でまとめて、変化はあまりありませんが、自分でもお気に入り^^


ツーユーも開けて先日、大分くたびれていたボルビやミクロソリウムの葉を、本格的な夏に向けて、サマーカットしました。




今回は久々の、コチラの水槽の仕様変更についてなんぞを。







DSC02798.jpg






全景はこんな感じ。まぁ、構図はアレですが、影のカゲンで助けられてます^^;


其れもまた、ネイチャーアクアリウム・・・と、勝手に拡大解釈で><



最近のこの水景で変わったことと言えば・・・











DSC02781.jpg






ブセファランドラをコチラの方に頂いたので、「ぽぃっ」と放り込んで(←大事にしなさい><


おいたら、何もしてないのに成長してました。この水槽、こないだまで、シダがジャングルになって、ろくに光が当たってなかったんですが、強健なんですね~






ところで、この品種、名前が覚えられなくて、会う度に、「アレなんて名前だっけ?」と聞いてたんですが、3回目くらいでやっと覚えられました(爆笑





西カリマンタンだそうです。タンクローリ乗務員の私は、「コ・コ・ロも満タンに♪」と覚えました^^;












DSC02801.jpg







んで、コチラは、枯れたADAの佗び草ベースに、トリミングして余った有茎草をテグスで巻きつけた、名づけて、「ヤミ草」を流木の上に置いてみました。





流木に有茎草が植わってる感じを演出・・・



最近、この、枯れた佗び草ベースがウチで大変な事になってます。コチラを大量生産してレイアウトに利用しようと画策中です。










DSC02802.jpg





フィルターはADA、スーパージェットES600EXから、1200へ変更。






流木で水流で淀みそうかなと、コチラの流量の大きなモノに。物凄いパワーで、メタルジェットパイプを使用しないと、90センチ水槽だと洗濯機みたいに(また爆笑







コチラは珍品で、ES600のロゴが刻印されています。最初期のモデルはそうだったんだとか。かなり昔の製品ですが、問題なく使えてます。アクアデザインアマノの製品は一生モンですね!








DSC02808.jpg






んで、メタルジェットパイプだと、持上げてぶくぶくエアレーションすることが出来ないでの、コチラを導入!





ADAの廃盤製品、「WISA」です!ゲルマンクラフトマンシップのこもった武骨なエアポンプ。






象が踏んでも壊れなさそう。いや、どうだろう・・・試したくはないですが・・・





コチラも珍品の「サスペンションキット」を組み合わせて、物凄い振動をキャンセル。その性能は「エナペタル」並みか!?



60Hz用ですが、本県群馬では問題なく作動してます。





DSC02810.jpg




照明はメタルハライドランプ、ADAグランドソーラー250なんですが、90センチ用のガーデンスタンドだと、グランドソーラーシリーズを吊るすスタンドはリリースされておらず・・・




かと言って、ソーラーⅠ、一機だとチョット左右の光量が不足しそう・・・ADAも90センチでグランドソーラーを一機、使うのを推奨していますが、純正品でまとめたいAMANO信者は考えました。





右側にソーラーⅠ専用スタンド90センチ用を。左側は60×45センチ用の「レフト用」を専用金具で、それぞれ組み合わせてみました。



コレ、お高いですが、ホントによく出来ててカッコイイ。ADAの製品の中でも、私のお気に入りベスト3に入ります。




う~んバッチリだな~と自己マンですが、いかんせん、マネーがかかってしまうので、推奨できません^^;













DSC02816.jpg




ウチの東側の区画は、オールADAの製品でまとめてます!



大分、仕上がってきましたが、「悪亜補完計画」はまだまだ進行中!






マネーはかかる。でもコレは私の闘い。不安だらけの、言いたい事も言えないこんな世の中じゃ、自分の理想を追い求めるしか、幸せになる近道はないと未熟者は思いました・・・ポイズ~ン♪





「こういうのは、勝てそうだから闘うとか。負けそうだから闘わないとか、そういう事じゃない。」




なんでもいいから、チョットした事でも、お金をかけなくても、そういう道はあるはず。どうか皆さんも、其れを探す事をあきらめないで・・・




「よろしくお願いしま~す!」(←><?









以前のこの水景を、動画で撮ってました。ボルビディスの水上葉が自慢です^^



trackback: -- | コメント: -- | edit

さま~図。 




コチラのアイテムは、関西の某有名特約店で、オリジナルで製作されてる、「メタルシャークパイプ」!

90センチの出水パイプとして導入しました。






DSC00987.jpg


前と左右から水が出るようになってます。


コレで、パイプを持上げて、エアレーションにも使えます。この水槽はデカイ流木を使ってるので、水流も淀みがないようにと。なんと言っても、見た目がカッコいいです!



IMG_0681.jpg


さて、以前はこんなにモッサリしてた、この陰性水景だったのですが・・・








DSC00951.jpg


夏なので、サマーカットしちゃいました^^;


シダ病も怖いし、やはりトリミングして、キレイなミクロやボルビの茂みも作りたかったので・・・


ボルビの水上葉もカットしてもったいない!いえ、それなんですが・・・




DSC00952.jpg



このように前景はすっかすか・・・オークロ佗び草も育たなかったのは、やはり影が出来ていたせいだろうと。


コレで前景はテネルスでモッサリさせて、いづれまた、ボルビも水上バカになれば・・・


ウチのボルビ、早いんですよ~バカみたいに^^;ぐんぐん茎を伸ばして、「ドンドンドン!」と水上に向けて、ワラビを伸ばします!

逆に茎が太すぎるせいか、水中で広がってくれないという><それも、トリミングでなんとかしたいなと。


DSC00959.jpg


この巨大流木、カタチがお気に入り。二つの流木で出来てるんですが、この真ん中の合わせ目が、最初から一つの流木だったかのように、ぴったり合うんです。

DSC00960.jpg


合せ目を真上から。切り口がピッタリ^^前から見ても、うねり加減や質感も合ってます。コレは逸品ですよ~


DSC00956.jpg


お!?植えたのを忘れていた、タイガーロータスを発見。サッパリすると、色んなモノが見えてきます。この流木のトンネルから、葉を出すと、オモシロイ水景になりそう^^


DSC00980.jpg


おっと失礼^^;見えすぎちゃっても困るの~♪



DSC00989.jpg


コチラは我がアジトで自家繁殖された、アコガレ~のアピスト!


コレで私も「アピスターズ」?いや~美しい・・・品種も聞いたハナシでは、レア種とのことで、これから飼いこんで、大きくなるのが楽しみです!


この水景は色んな種類のサカナが「乱舞ル」する、華やかなコミュニティタンクを目指します!ケンカは困りますが><










DSC00961.jpg


あ、ガラスの台の60センチもこの壁面に移動しました。例によって水を抜いて「ずず・・・ずず・・・」と^^;

120と90も、水を抜いて、寄せました。いや~大変だった・・・でも、私みたいに貧弱ヒンジャク~でも、出来たんだから、なんとかなるもんですね割と。



この位置から椅子に座って、タバコを燻らせながら呑むために、今まで頑張ったんだ・・・!

trackback: -- | コメント: 18 | edit

侘び風呂。 

気球


仕事中、群馬県は板倉町にて。


雲ひとつない青空に、間近に浮かぶ気球。「マジか~!こんなに近くで見たことないよ!」操縦してるヒトと目が合いそうなくらい。


気持ちよさそうだな~と、ふいに私の頭の中に、いつものごとく「ぴき~ん!」と悪ァの悪だくみが・・・


名づけて「侘び風呂」です!





R0013549.jpg


こういうの?


違う><コレは以前90センチをリセットしたときの一コマ・・・


コレは「寂び風呂」?いや、ジャングル風呂か^^;入れませんが・・・



アルミパーツ


気を取り直して、ホムセンで色々と物色。

アルミチャンネルとパンチングプレート。


IMG_0682.jpg


コレらをカットして、裏からステンのボルトナットで橋げたを作りました。


IMG_0683.jpg


裏側です。分岐コックにシリコンホースを、チャンネルの中にはわせました。コレを90センチに置きます。


IMG_0685.jpg


ボルビです。「ヒュ~」出テルッテ~!


・・・





え~、この上の左右に、プラントグラス「カラフ」と「ポルカ」を。ナニをするかわかりました?ダジャレは・・・?(←気になるの><


この橋げた、名づけて「wabi-deck」です!


そう、オープンスタイルの水槽で、侘び草を水上育成しようというもの。でも、私はもう一工夫してみましたよ~



IMG_0684.jpg


侘び草「枯れん」じゃない・・・枯れた「かれん」にテグスで、有茎草をまき巻き。


侘び草の素晴らしいところはこの丈夫にできたベースです。枯れても捨てずに、余った水草を糸で巻きつければ、けっこう復活しますよ!


IMG_0688.jpg


裏側に水中フィルターを仕込んで、チューブをプラントグラスに引き込み、オーバーフロー化しました!

この「便器」みたいなカタチが、水をうまいこと流してくれるんです^^;(←もっと言い方ないの><



でもコレだと、侘び草が沈んで、水中葉になってしまう・・・ということで、また考えました。


IMG_0690.jpg


アクリル棒を、プラントグラスの深さに合わせてカット。その両端に吸盤をつけました。



IMG_0691.jpg


う~ん、ちょっと、ちゃちいけど、浮かんでます。コレで腰水に漬けておけば、水上葉を展開するはず。










IMG_0692.jpg


侘び草も、かけ流しのお風呂で気持ちよさげ?コレこそ名づけて「wabi-flow」です><



フツウに水につけるやり方じゃなくて、コレなら水枯れもなく、また、CO2を含んだ水槽の水で、いっそう育つんでは?プランツフィルターとしても機能するでしょう!



最近流行りの、葉っぱ育成にもいいかも。ブセやレアな水上葉を、スタイリッシュにスペースを有効活用できそうです!


trackback: -- | コメント: 26 | edit

立て直せ5本!90センチ。 




さて60センチその1を解体してから~の~90センチ編です。


こちらは、とある方に引き取ってもらって、また新たな水景を推計してもらおうと思います!


コレがをどかした跡地に90センチを移動。我が家の、水槽再編成計画の第一段階です!






DSC00215.jpg


さてこちらは、90センチの前景です。


計画停電の影響も少なく、テネルス、グロッソ、クリプトと無難に育っている・・・

ろ過も問題なく、完成したバランスというのは、容易に崩れないということが、この経験したことのない事態に照明されました、じゃなく・・・








IMG_0681.jpg





照明はグランドソーラー250から、ソーラーⅠに変更。陰性メインなので、そんなに照明は強くなくてもいいだろうと。


専用スタンドで目いっぱい巻き上げて。メタハラってのは、目いっぱい高くしたほうが、照射範囲が広くなって、チカラも強いので、深さ45センチの水槽の底まで光が届くんでは?と。


先日、グリーン球に交換しまして、いい感じです。やはり新しい球は明るさが違いますね!


さて、こちらの90センチ、一人で移動しました。



IMG_0680.jpg


こちらは、この90センチの隣に設置していた、60センチその3。


あんよがくっきり写りこんでますが^^;


このエーハイムの吸水パイプ、黒髭を駆逐するために考えたんですが、水槽の水を底まで抜くのにもってこい!コレで水を抜き、軽くしてから、水槽を台ごと、「ずず・・・ずず」と片方を持って、少しづつ移動しました。


コレはリセット時でも活躍しそう。我ながらいいもん考えついたな~と自画自賛^^;



クソ重い90センチもコレで移動できました。この大変な活動の結果・・・











DSC00207.jpg



お~ついに、ついに窓があけられるように(爆笑


長いこと、窓をふさいでいた水槽を移動して、開放感のある部屋が実現できました。


さ~各水槽も移動して、いよいよ第二段階。夢の水槽プロジェクト、題して「悪亜補完計画」も進めたいと思います!

trackback: -- | コメント: 24 | edit